コロナを楽しく

不謹慎かなあ…、このタイトル。

ともあれ、緊張したってどうなるものではなし、ストレスを貯めると免疫力が下がるだけ損だ。うがい、手洗い、マスクなど、やれることをやったら、後は状況を楽しむくらいでないと、中国帰りだから、空港窓口係だから、タクシー運転手だからと、ヘイトが広がるばかりである。

となると、まずはマスクに凝ってみたい。マスクといえばなんと言っても「プラハのドクター」だろう。中世ヨーロッパでペストが流行した際に、医者がつけていたマスクで、くちばしの中には消毒用の香料が入っていたそうだ。疫病退散の護符も悪くない。千と千尋だったか陰陽師だったかに出てきたやつだ。いずれもコスプレ感覚いっぱいで、現代日本ならではの対処法だと思う。

本当はこういうときこそ宗教の出番なのだ。仏教でも神道でもキリスト教でも、疫病退散の祈祷というのがあるはずだから、まずはそれをやる。今の年寄りは宗教と聞くと、非科学的で無知な人々が、狂乱状態になってるところを想像するが、そういう感覚もまた時代遅れだ。人の心にはどうしても闇の部分があり、どんなに科学を学ぼうと、理屈の通らない不安からは逃れられない。これを放置すると、咳一つしただけで出入り禁止、事務所閉鎖という具合にエスカレートしていくし、事実そうなってきている。ましてやマスメディアのメッセージを追いかけたりしていれば、ヘイト熱は上がるばかりだ。

そこで、厳かで清浄な雰囲気の中で疫病退散の祈祷を行ってるところを見れば、ちょっとだけ汚れが消えていくような気がする人も出てくる。このちょっとだけの差は、為政者や医者の言葉や、科学の本では成し遂げられないものであるし、もしかしたらそれは新しい祭りになるかもしれない。今も全国に残る伝統の祭りも、疫病退散の儀式が元になったものは多い。昔も当然伝染病の患者へのヘイトはあっただろうが、そんな負の部分を庶民が克服して、祭りという文化遺産を生み出した。昔の人の、そういう知恵に負けたくないものである。

NTTが迷惑セールス?

NTT東日本お客様センターを名乗るセールスの電話が、携帯に入った。携帯番号は固定電話と違って公開してないはずなので、即座に詐欺と考えて切った。だが通話履歴には、相手の番号は0120998328と出ていて、調べると確かにNTTのサイトにそういう番号が載っていた。それでは、NTTが私の携帯番号を調べて迷惑メールをかけたのか。

そこでさらに検索すると、実際にNTTに問い合わせて、詐欺であるとの返答をもらったケースを見つけた。となると、相手の携帯に表示される番号を、自分のものではなく、任意の番号に変える方法があることになる。これもまた調べてみると、携帯からセールス通話をかける際に表示される番号を、フリーダイヤルなどの固定電話番号にすることで、相手がかけ直してくる際に通話料を負担させないサービスがあるようだ。ただしこれはNTTのものではなく、一度別の交換機を通すことで発信者の番号を変えるものらしい。

そうなると今度は、設定する「別の発信者番号」に、無関係のものを勝手に使えるかということになるが、これはむしろ登録する番号が間違いなく本人のものであることを確認する仕組みのほうが難しいので、なんとでも設定できるのだろうと思う。

こうしてなんとか詐欺の魔手を逃れ、NTTへの信頼も損なわずに済んだのだが、やはり失点はあった。相手が「XXX様の携帯電話ですか?」と言った時に「はい」と言ってしまったのだ。これで番号と所有者名が確定されてしまった。いや、そもそもかかってきた段階でバレバレだったのか?あーあ、めんどくさい時代になったなあ!

今日はバレンタインデー

今日はバレンタインデー。もうちょっと若い人なら、中高生時代のうれし恥ずかしい思い出かも知れないが、私はもうちょっと世代が古い。女の子をチヤホヤする文化はあっても、知らない人からプレゼントをもらうというのは、違和感を感じてしまう。「知らないのはお前だけで、みんなもらってたぞ」と言われるかも知れないが。

バレンタインといえば、O・ヘンリーの短編小説「よみがえった良心」の主人公、ジミー・バレンタインを思い出す。名うての金庫破りだったジミーは、改心して真面目に働き、婚約者もできるが、刑事はそれを信じずにつきまとう。そして結婚式の日取りも決まったある日、子供が金庫に閉じ込められてしまう。ジミーは婚約者に別れを告げて金庫に向かう。
原作を知らなくても、シチュエーションを変えて小説やドラマで何度も焼き直されたので、馴染みがあるのではないだろうか。 O・ヘンリー の作品は、ややもすれば子供向け読み物に分類されてしまうが、すぐにでも映画にできそうなプロットが素晴らしい。名だたる文豪よりも好きな作家だ。

ということで、誰にでもできる金庫破り動画をどうぞ。学生カバンにチョコレートを隠してハラハラドキドキの女の子たちにも、こんなふうに簡単に彼氏の心が開きますように。がんばれ、恋の勝者はただ一人、運命やジンクスを信じるのは負け犬だ。ウソでもイカサマでも、使いこなして女を磨け!

それにしてもこういう動画を公開していいのだろうか。そして、400万再生もされてるが、社会の治安は大丈夫なのだろうか。