魂柱とブリッジ

さて,バイオリンは無事とどいた.実は粗悪品かどうかよりも先に,心配なことがあった.それはブリッジと魂柱が倒れていないかということである.

bridgeブリッジは,弦の振動をバイオリン本体に伝えるための,薄い木板を削った部品で,弦の張力で立っている.本体に接着されていないので,簡単にずらしたり取り外したりできる.音色や音程が変わってしまうため,もし倒してしまったら,初心者は自分で取り付けようとせず,楽器店に持ち込んだほうが良いらしい.ただし,激安バイオリンそのものに近い金額がかかる.

 

魂柱を倒してしまったら、自分で立て直すのは無理らしい
魂柱と専用金具

魂柱は,外部からは見えない本体の内部,ブリッジの下あたりに立っている細い木の棒で,ブリッジに伝わった振動をバイオリンの上の板から下の板に伝える.これも接着しておらず、弦の張力で抑えているだけなので,弦を緩めると倒れてしまうことがある.もし魂柱が倒れてしまったら,音が鳴らなくなるという.
立て直すためには,特殊な金具に突き刺し,内視鏡手術さながらに細いバイオリンの穴から送り込んでやらなくてはならない.立ててみては弾きを繰り返す大変な作業なので,必ず楽器店に頼まなければならないそうだ.費用も,ブリッジ立てに比べれば遥かに高い.激安バイオリンが何台も変えてしまうような値段だ.

バイオリンが届いた時,ブリッジと魂柱を真っ先に調べた.倒れていた時にクレームが通用するのだろうか,中国に送り返すのだろうとかとか気をもみながら.だから、新しい楽器が届いた喜びにひたるのも,それがなんともないと分かってからだった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: