バイオリンはどこが難しい?

生まれて初めてのバイオリンだが,しかもセットで8千円の安物だが,なんと音は出た.妙なる調べとはいかないものの,生の音っていいんじゃないか,とひとりで悦に入れるくらいの音が.調律もデジタル任せで問題なし.ところがすぐに壁にぶつかった.

genバイオリンの弦は,山なりになるように貼ってある.両端の弦はともかく,中2本の場合は平らに並んでると,隣の弦も一緒に弾いてしまう.そうならないよう,間の角度を保って弓を動かすのだが、この角度が非常に狭い.しかも指で弦を押さえると,それだけ弦が沈んで隣の弦と一直線に近くなってしまう.そのために弓はできるだけ直線に動かさなくてはいけないのだが...

leonardo

 

人間の腕は肩から円運動をするようにできているので,直線にうごかすのが難しいのだ.腕を持ち上げて水平に振ってるようでも,上から見ると円運動になってしまう.そこで弓の角度が変わって,隣の弦も一緒に弾いてしまう.

実は私はここまでは弾く前に予想していた.だが,カントリー&ウェスタンなどによくあるように,和音になってれば2弦いっぺんに鳴ってもいいじゃないかと思っていたのだ.が,これぞ素人の浅はかさ.2弦同時に鳴らすには,1弦だけのときのような角度の遊びは全く許されない.厳密に一定の角度を保たなくてはいけないのである.やはりバイオリンを舐めてはいけない.カントリー&ウェスタンを軽く見ていた自分が恥ずかしい.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です