ゆく年

2015年,ついにバイオリンを買ってしまった.8千円の激安セットと書いてきたが,調べてみると7800円だった.最安値は7240円で,現在は10144円.もともと安い価格帯の範囲とはいうものの,率では相当値上がりしてることがわかる.多分人気が出たのだろう.

keepa
KEEPAを使ったアマゾンの画面

余談だが,ブラウザを「Google Chrome」にして,KEEPAというプラグインをインストールすると,アマゾンの各商品ページの中に,過去からの価格推移が自動的に表示されるようになる.アマゾンの他,業者からの出品や中古の価格も赤裸々に表示される.価格変動の全く無いものもあるが,変動する場合は,ぼったくろうとした証拠もわかってしまう.必ずしも欲しいものばかりでなく,仕事に関連した商品の価格を追跡すると,なかなか得がたいマーケデータになる.

ただし,プラグインのインストールは自己責任で.怪しいプラグインも多いし,当初はまっとうなものだったが,某国に買収されバージョンアップしたとたん,挙動がおかしくなったプラグインもある.思えば今年は,そういうので随分苦労した.

大晦日だというのに,情緒のない話になってしまった.ブリッジ削りの顛末も,これからが面白くなるというのに,先延ばしである.

次回は「来る年」(2016年 1月1日 AM0:01投稿予定)
乞うご期待!そして,良いお年を!

ブリッジを削ってみた

バイオリンのブリッジを削る新品のブリッジを削る場合,図の赤い部分を削り取り,青い部分を薄く削ぐ.図はバイオリンの尻の側から見た場合で,低い弦から2番目のDの弦を置く場所が高くなるように削る.直接弦や胴にに触れない部分もかなり削り取るもののようだが,理由は不明.軽量化だろうか.

ブリッジの削り心地はなかなかいい.小さくて薄いものだから,昔やった型抜きのような繊細な作業かと思っていたが,結構すいすい削っていける.刃物が変に食い込んだり,木目に沿って割れたりしないか心配だったが,刃が気持よくあたって,光沢のあるきれいな削面が現れる.ブリッジ削りを趣味にしたいくらいだ.

最初に削るところは足の裏.バイオリンの胴に密着させなければならないのが難しい.削るたびに覗き込んで隙間がないか確かめたり,ブリッジを置く部分をチョークなどで塗って,ブリッジを置いてみて.一部分だけ粉がついていればそこを削る方法もある.削るにはネイフを使い,ヤスリは使わないように言ってるサイトもある.毛羽立って音の伝わりが悪くなるのかも知れない.が,こんな大胆な動画がもあった.

弦を乗せる部分はかなり薄くするらしいが,直接弦が乗っかる部分には黒檀などの硬い木の破片を埋め込むこともあるという.金属の細い線が振動するのだから,糸鋸みたいなものだ.ブリッジに食い込んでしまうのだろう.今回はやらないが,そういう細工もやってみたい.

次回は「行く年」(12/31 PM11:59 投稿予定)
乞うご期待!

メリークリスマス!

前回予告の「ブリッジを削ってみた」は,都合により次回掲載となりました.フィドルによるクリスマスソングをお楽しみください.

「バイオリン フィドル クリスマスソング」で動画検索したが,よく聞くクリスマスソングはクラシック風の演奏ばかりで,フィドルらしいのが少なかった.そのかわりにフィドラーの動画は,賛美歌と,クリスマスソングのレッスンが多い.なるほど,クリスマスは教会へ行き,自分で演奏しなさいということか.やはりクラシックより好感が持てる.

次回「ブリッジを削ってみた」(12/28 AM0:40掲載予定)
乞うご期待!

ブリッジを削る!

ブリッジを削ってみることにした.そういう場合は,今あるものに手を加えるのではなく,新品を好きな形に仕上げるものらしい.購入は例によってアマゾンで,2個620円.バイオリンに合わせて,最安値に近いものを選んだが,高いものも何万もするというわけではないらしい.新しいブリッジは,仕上がりサイズに比べてずいぶん大きい.脚部の裏の,バイオリンに密着する部分も平らだ.

最初に削るのは脚部の裏の,いわば「靴底」に当たる部分.バイオリンの胴の曲面に合わせて,置いた時に密着するように,また振動が伝わりやすいように,かなり薄くなるまで削る.また,仕上がりによってはブリッジが前後に傾いてしまう上,弦の振動がうまく胴に伝わらないそうだ.

白引(または柿引)
白引(または柿引)

刃物は「白引」というものを使った.カッターや彫刻刀は刃自体も,柄への取り付け具合も華奢すぎるが,これならある程度力のかかる細かい作業も大丈夫.長さは20センチほどで,切り出しほど刃角が鋭利でないところもいい.

白引は指物師が使う道具で,削るというより線を引く道具.精密な細工の寸法取りには鉛筆の線などでは太すぎるため,これで線を引くという.これをネットで調べるとお値段なんと6千円!いやいや,近くの金物屋の不良在庫だから,私が買ったのはせいぜい数百円というところ.実用刃物になんでもかんでも名人誰兵衛作と名づけてぼったくるのはいかがなものか.

次回「ブリッジを削ってみた」(12/25 AM0:00公開予定)
乞うご期待!

ブリッジを削るぞ!

バイオリンはどこが難しい?」という記事でも触れたが、バイオリンの弦は山なりに貼ってある.隣の弦と一緒に弾いてしまわないためだが,これをもっと山なりにすれば隣に引っ掛けなくなるのではないか.それにはブリッジを削る必要がある.
ブリッジは弦の振動を胴に伝える重要な役割を果たす部品で,非常にデリケートな調整が必要だという.値段は数百円からと高くはないが,プレイヤーの好みやバイオリンの形に合わせるよう,削る前の状態で売っている.そして,ブリッジの削りは自分でやらず楽器店に任せるというのが,初心者の心得らしい.


だがこんな動画を見つけてしまったら,自分でもやってみたくなるじゃないか.演奏技術の問題を,練習ではなく道具の改良でなんとかしようとするだろう.だが,自慢じゃないがこうした工作なら,バイオリン演奏より自信がある.日本人ならそういう人は多いのではないだろうか.
動画で一番感心したのは,メープルというブリッジの素材の削り心地の良さそうなところ.あんなに小さくて薄いのに,木目に沿って割れたりしない.削り面も毛羽立ったりせずになめらかだ.刃物の良し悪しや腕もあるだろうけど,あんなにスムーズに削れるなら,演奏ではなく,ブリッジ削りが趣味になってしまってもぜんぜん構わないくらいだ.
で,結局やることにした.「バイオリンは楽しいか?」で書いたように,弱音器をつけたり外したりしているうちに,動かして自分で置き直したりしたので毒皿ということで.

次回「ブリッジを削る」(12/20 AM0:00公開予定)
乞うご期待!