新しいケースと思わぬ来訪者

実は,黒い旧式のバイオリンケースを探す時,アンティークの,木製の素晴らしいケースを見つけていた.棺桶の形をしていて真鍮の蝶番や取っ手がついている.豪華ではないが,奥ゆかしく優雅な感じだ.バイオリンの良し悪しは分からないが,箱やケースなら,少なくとも好き嫌いがはっきり言える.ひょうたん型よりさらに古い時代のものというそのケースに,すっかり魅了されてしまったのだが,かなり高額だ.激安バイオリンにそんなケースは,さすがに吊り合わない.

そこでためしに海外で検索してみると,同じようなものがオークションに出ていたのである.中でも,本来塗ってあった黒い塗装を落として,ニスで木目を引き立たせたケースは,内部もきれいで壊れたところはないようだった.これが手に入ったらと思ったが,なにせオークションである.どこまで値上がりするか分からないし,起きていられないような時間になるので,終了間際の駆け引きに加わるのも億劫だ.だめもとの入札をして寝ることにしたのだが,これが落とせてしまったのである.
「You are winner!」
朝見ると,サイトにはっきりそう表示されていた.

次回「新しいケースと思わぬ来訪者2」(1/15 AM0:01 公開予定)
乞うご期待!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です