eBAYとPAYPAL

激安バイオリンは日本のamazonで買ったが,古いケースや魂柱立て,予備のブリッジなどは「eBAY」で買った.eBAY(イーベイ)は,世界最多の利用客数を誇るアメリカのオークションサイト.オークションと言っても新品を出す業者も多く,日本のヤフオクとamazonを合わせてスケールアップさせた感じだ.
日本サイトは準備中だが,いずれ正式に上陸したら,ネット・非ネットを問わず,ありとあらゆる商売に影響を与えるだろう.大きなダメージを受けるか,上手く利用してビジネスの規模を拡大するか.今から敵情視察のつもりで慣れておくのもムダではないと思う.

eBAYの決済にはPAYPAL(ペイパル)を使う.これはもともと個人間の国際送金手段で,ドルしか使えないが手数料がかなり安い.オークションなどの決済手段として,世界中のほとんどの国で広く利用されている.メールアドレスさえわかれば,クレジット会社のショッピングカートのような高い手数料がかからずに,安全に送金できるので,個人のショッピングサイトでは,主流の決済方式だ.

実はPAYPALのスタートは,日本が一番遅かった.以前ガーナから太鼓を送ってもらった時に,PAYPALで送金するように言われたが,日本になかったので何のことだか分からず,やむを得ず高い手数料を払って国際為替を使った.その時は,世界中でPAYPALが使えないのは日本とシエラレオネだけだった.他のすべての国は,内戦中のソマリアでさえ使えたのである.さしづめ日本の護送船団が黒船の来襲を洋上で阻止していたのだろう.世界中から物笑いになっているようで,実に恥ずかしい気分だった.

eBAYとPAYPALがタッグを組んでいるので,海外の商品も国内と変わらない手軽さで手に入れることができる.向こうが本場のものは概して日本より安い.アメリカの出品が多いので,どうしても送料は高くつくが,モノの目利きができる人にとっては,それでもお買い得だったり,そもそも日本にはないものが手に入る.

次回「eBAYとあやしい出品者」(3/20 AM0:01 投稿予定)
乞うご期待!

One thought on “eBAYとPAYPAL

  • 3月 16, 2016 at 17:42
    Permalink

    ネット・ショッピングもグローバルな時代ですね。一度経験しなければ出来ませんね。日本国内ではヤフーのネット・ショッピングにはまっている人たちがたくさんいますが、この方法だと、もっといいお買い物ができそうですね。世界中の本場のものを、しかも安く。海外旅行しなくてもショッピングが楽しめる時代ですね。それに海外旅行は最近は物騒ですからね。流行りそうですね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です