今日は昭和の日

あれ?みどりの日じゃなかったっけ,と思って調べたら,そちらは5月4日.でもこの間まで,今日がみどりの日と呼ばれていて,その前の呼び名は天皇誕生日.年齢的には,こちらのほうがしっくり来る.

さて,昭和とバイオリンが関係する動画を探してみた.

昭和2年にデビューし,美貌の天才バイオリニストとして一世を風靡した,諏訪根自子(すわねじこ/本名:大賀根自子/そっちが芸名かい!)の,「美はしき天然」.
「美貌の」などという単語や,サーカスのジンタとチンドン屋でおなじみのメロディに,あふれる昭和感をご堪能いただきたい.さすがに私も知らない人だが,なんと昭和のすべての時間を生き抜き,ついこのあいだ2012年に亡くなられている.

ちなみに昭和の「昭」の字.今では当たり前のように使われているが,元号発表の時には,ほとんどの日本人が知らない超難読漢字だったそうだ.

次回「OLDBADなこどもの日」(5/5)公開予定
乞うご期待

 

リズムとズレ

三拍子と2拍の手拍子アフリカの子どもたちに三拍子の曲を聴かせると,二拍の手拍子を叩く.曲が「1.2.3.1.2.3.」とリズムをとる間を,「1.2.1.2.」のタイミングで手拍子を入れる.音そのものではなく,曲と手拍子がぴったり一致しないことでできる微妙なタイミングのズレが,アフリカ人にとっての「リズム」そのものなのだそうだ.
この感覚は言葉で説明しにくいが,ちょっと試してみるとすぐわかる.口で「1.2.3.1.2.3」と言いながら,二拍の手拍子を叩くと,そこに何とも言えないノリというか,緊張感が生まれる.三拍子の曲に合わせて三拍の手拍子を叩いても,この感覚は味わえない.

昔から,二拍子や四拍子は,歩くリズムだから体に染み付いている自然なリズムだが,三拍子という割り切れないリズムが,なぜ無理なく聞こえるのか不思議だったが,これは心臓の脈拍なのだそうだ.「心臓がドキドキする」という言い方をするが,実際の心音は「ドッキドッキ」という,三拍の真ん中を抜いたような三拍子を刻んでいる.心臓の筋肉が全身に血液を送り出す時の,やや時間をかけてギュッと絞りだす動き.逆に心臓に血液が流れこむ時の,一瞬の動き.心音は,その動きに合わせて動く心臓の弁の音なので,自然に三拍子を刻んでしまう.
そして,心臓が三拍子を刻むと同時に,足が二拍子をとる.心臓を動かしながら歩き続けるのが,人間の基本的なリズムだと,アフリカ人は考える.だから上述のような手拍子を合わせるのだ.あまりバイオリンには関係がないようだが,アフリカのリズムは,ジャズのスゥイング感になって,多くのポピュラーミュージックに影響を与えている.ポピュラー曲を弾くときは,譜面通りではなく,このスゥイング感を盛り込んでいかないとさまにならないことが多い.

次回「(GW特別企画)」(4/29 公開予定)
乞うご期待!

バイオリンと戦略

戦略と戦術はどう違うのか.というテーマが,経営者仲間や得意先とときどき話題になる.「戦略上の失敗は,戦術的な努力では補えない」とか,「戦略的に負けた側は,なぜ負けたかも理解できないうちに負ける」などと言われるほど重要なものだが,人によって定義は違うらしいし,戦略らしい戦略を持ってる会社は少ないものらしい.私は,意見を求められた時には,こう答えてきた.

ある町にコックさんが二人,近くに同時に洋食店を開いた.どちらもメニューやサービスに工夫をこらして頑張るのだが,さらにA店は,開店と同時にバイオリンの練習を始めた.3年後A店は店主が店頭でバイオリンを弾いて客引きし,カップルや誕生日にはテーブルで演奏したので,そのことが話題になって客足が増えた.これを見てB店がバイオリンをはじめても3年間の差は追いつかないし,やっても二番煎じにしか見られない.プロを頼めばA店と同じ程度に持ち直すかもしれないが,コストが経営の負担になる.

コックさんとバイオリンという,できるだけかけ離れたものを例にして,どんな小さなビジネスにも戦略はあり,他の上手くいってる手法を真似すると,たいてい誰かの思う壺になることを言いたかったのだが,何回か話しているうちに,実際にやってみたくなったというわけである.

ちなみにバイオリンを弾くコックさんというのは,ディズニー映画「わんわん物語」の中の,「ベラノッテ」の名シーンからとったつもりだったが,動画を探すとアコーディオンとマンドリンだった.何かしゃべる前にググれと,若い人に言われるかもしれない.

次回「リズムとズレ」(4/25)公開予定
乞うご期待

さらばテレビ

私はテレビとともに育った世代である.2011年の地デジ移行の際には,いろいろな思い出とともに,ぜひ最期の画面とアナウンスを体験しようと思っていた.そして,停波したらしばらくテレビのない暮らしを味わった後に,ゆっくり買い換えようと考えていた.だが放送は止まらなかった.実はマンションごとケーブルテレビが入っていたため,停波の前から,業者がデジタル信号をアナログに変換して送ってきていたのである.

これには拍子抜けするとともに,いろいろおかしな点も見えてきた.まず,都市部ではビルだけでなく,ビルによって電波が届かなくなる可能性のある周囲の住宅も,たいていケーブル配信されている.遠隔地の集落などはともかく,人口密集地の多くの家庭では,テレビを買い換える必要はなかったのだが,そういうアナウンスはなかった.
地デジ移行とタイミングを同じくしてエコポイント制度が導入された.この制度自体は地デジテレビの普及が目的だから悪いことではないのだが,テレビの価格はエコポイントのメリットを遥かにしのぐほど高騰した.行政,業界がタッグを組んだキャンペーンなのだが,昭和時代じゃあるまいし,いまさらテレビ頼りかと思うと,その芸の無さにぶりに白けてきた.案の定国内のテレビメーカーは一気に衰退し,部門閉鎖や身売りの話が続出するようになった.魅力的な商品を開発できず,お上に頼ったのだから当然かも知れないが.

そんなわけで,アナログ停波の感慨もないまま,ブラウン管テレビでダラダラ視聴を続け,2015年に,ついにケーブル業者のデジアナ変換サービスも終了することになった.その間,テレビが壊れたら買い換えるつもりだったが,因果と古い機械は壊れにくい.そして最期の砦,難関と言われるNHKの契約解除がもめたら,あきらめてテレビを買い換えようと思ったが,これもすんなり受け付けられた.

テレビを見る時間とお金で,バイオリンを演奏する.その生活の変化は,驚くほどだ.ネットではテレビ番組が面白くないとか,ジャーナリズムとしての姿勢がどうとか,盛んに批判されているが,そういう意見を持つ人はテレビを見ている人だ.一介のバイオリニストには,テレビに対する不満など一切ない.むしろ,再び買わざるを得ないほど面白い番組を作ってほしいものだと,期待している.

次回「バイオリンと戦略」(4/22公開予定)
乞うご期待

バイオリンの原資/お金と時間

歳をとってからの趣味は,あまり金をかけたくないものだ.一方で,目的もなく節約すると,会社経営の場合などは特に,それまであった活力をそいでしまう.私の場合は,ちょうど数年前にテレビ視聴をやめたために,その穴埋めがしたかったのも,バイオリンをはじめた理由のひとつだった.見続けていたら買い換えたかもしれないテレビの代金と,NHK視聴料,若干の電気代のほか,それまで何気なくテレビでつぶしていた,けっこう長い時間が,ぽっかり空いたのである.これを,バイオリンを始める原資と考えた.おかげでバイオリンの後,いろいろ買い足していっても,良心の呵責は感じないで済んでいる.

次回「さらばテレビ」(4/18公開予定)
乞うご期待