バイオリンの原資/お金と時間

歳をとってからの趣味は,あまり金をかけたくないものだ.一方で,目的もなく節約すると,会社経営の場合などは特に,それまであった活力をそいでしまう.私の場合は,ちょうど数年前にテレビ視聴をやめたために,その穴埋めがしたかったのも,バイオリンをはじめた理由のひとつだった.見続けていたら買い換えたかもしれないテレビの代金と,NHK視聴料,若干の電気代のほか,それまで何気なくテレビでつぶしていた,けっこう長い時間が,ぽっかり空いたのである.これを,バイオリンを始める原資と考えた.おかげでバイオリンの後,いろいろ買い足していっても,良心の呵責は感じないで済んでいる.

次回「さらばテレビ」(4/18公開予定)
乞うご期待

One thought on “バイオリンの原資/お金と時間

  • 4月 14, 2016 at 05:43
    Permalink

    先日、東京の広告代理店の方とお茶を飲んで話をしましたが、今や新聞は、広告媒体としての効果も薄れて来たので現在はネットにシフトして、クライアントのHPの整備などに力を入れていると言う。TVの話は出なかったが、今やTVは暇な若者世代や高齢者のものと思っていましたが、高齢者もTVは面白くないと。原因は信憑性を欠く「やらせ番組」や各局横並びの番組編成やTVショップなど、本来求められる情報に乏しいからだろう。ネットの方が、二日遅れの新聞記事よりリアルタイムで情報入手できるからでしょう。花形と思われていたTV業界も新聞業界にも「第四の波」(ネット)が襲い掛かっていますね。僕もTVは天気予報や野球などをたまに視る程度で、リビングのソファでTVなんて、ほとんどありません。新聞も夕刊はやめていますが、朝刊離れも時間の問題かも知れません。でも、これまでのTV・新聞に割いた時間は一体何に充てているのかは不明確ですが。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です