ヴィオラへの道

以前「ビオラもいいなあ」で書いたが,だんだんビオラが欲しくなってきた.理由は何と言っても音域で,バイオリンに比べてほどよく低いのが、ポピュラー曲向きのような気がすること.そして何よりちょっと人と違う感じがしていい.
だからと言って完全に乗り換えるつもりではなく,使う音域で曲によって使い分けてもいいように思う.特に繊細な高音はバイオリンの醍醐味だろうけど,どんな曲でもクラシック崩れのように聞こえてしまう.さらに指が短いのに太い.半音上げるときは指1本並べたあたりを押さえるのだが,これが窮屈な感じがする.もう少し弦の長さのあるものなら,楽に押さえられるような気がする.
また,バイオリンの情報を検索すると,時折非常に上から目線の書き込みを見かけて気分が悪くなる.歳をとると相手が自分より若い可能性が高いので,小僧がしたり顔で講釈たれてるところを想像してムカッ腹が立つ.だが,なぜかビオラ関連では,そういうのを見かけない.だから自分のような温厚な人間にふさわしい楽器なのではないかと思うのだ.

さて,実際にビオラを物色し始めると,すぐにややこしいことに気がつく.バイオリンに比べて,サイズのバリエーションが多いのだ.バイオリンにも3/4,1/2というように子供向けのサイズもあるが,大人用には4/4(フルサイズ)しかない.それに比べて,ビオラは決まったサイズがない.12インチから17インチ以上まで,0.5インチ刻みにサイズのバリエーションがある.

こういう情報が案外みつけにくい
こういう図をきちんと書いてくれるところが日本には少ない

この中で14インチのビオラは,バイオリンの4/4と同じサイズらしいので,それも悪くないかなと思っていたが,小さいビオラは本来の音がでないので,大人なら16インチ以上が良いそうだ.また,このインチというのは,楽器の胴の部分の長さのこと.海外サイトでは,そこが徹底されている.日本ではミリで表示するので覚えにくいだけでなく,全長を表示するところもある.

サイズ表?

ちなみに日本のとあるバイオリン情報のサイトにあった図.フォトショップで縮小して並べたものだが,これに何の意味があると思ったんだろう?

 

 

次回「ヴィオラへの道 その2」(7/2公開予定)
乞うご期待!

焼香

音楽に全く関係のない話だが,最近葬儀や法事が続いた。以前から気になっていたが,ほとんどの人が,焼香箱に向かって頭を下げたり拝んだりしていた.あれはただの箱と木くずなので,拝んでもしょうがないのだが.

日本では,公式の場で目上の人から物を受け取ったり,献上するときは,そのものを自分の目の上まで高く持ちあげる.焼香の場合は,仏になって高い場所にいる故人に,香を捧げますという気持ちで,つまんだ香を目の上におしいただいて見せるのが,本来の焼香の所作だ.

我々より一世代以上上の方々はその意味はわかっていたが,長年の慣れで動作をちょっと簡略化して,頭の方を下げて,目をつまんだ香の下に持っていくようにしている人もいた.目の上に押しいただく意味はわかってやっていたので,よく見ると香をつまんだ手首を返して,指先が上を向くようにしているのだが,それより若い人からは,ただ頭を下げたように見え,それが一般化したのだ.だからつい合掌も焼香箱に向かってしまうが,これは頭を上げて前を向き,本尊や個人の遺体・遺骨を拝まなくては意味が無い.

僧侶だった父は晩年,焼香をことさら大きな所作でするようになった.目の上に押しいただくだけでなく,左手を下にあてがい,献上するしぐさをはっきりく見せつけるようにした.冗談はよく言うが,大事なことはやってみせるだけでくどい説明をしない人だったが,実はそんな頃から,焼香箱を拝む人が現れてきたのだ.

意味が伝わらなくなれば,若い人が「適当に頭を下げておけばいいや」と思うのは無理もない.だが堂々とした日本人の所作というのは,実践していて気持ちのいいものだ.焼香の場などで,人と違うことをするのはけっこう勇気がいるが,ぜひ思い出してやってみてほしい.ブラックな上司やモンスターな顧客とは一味違う,文化の継承者になるというような気持ちで.

次回はお待ちかね,本筋に戻って「ヴィオラへの道」(6/28公開予定)
乞うご期待!

リズムとズレ2

前回の「リズムとズレ」では,アフリカの子供は三拍子の曲に2拍の手拍子を入れると言ったが,心臓の3拍と足の2拍は,縦に重ねるだけでなく,横に並べることもある.
リズムとズレ2
②のように,5拍の音を繰り返すのだが,5拍を均等に刻むと言うより,②のように緩急をつけたリズムを刻む.これがガーナ音楽の代表的なリズム「kpanlogo(パンロゴ)」だ.とはいえ,厳密にこの譜に書いた通りに刻んでいるわけではなく,「ケニケニカ、チャチャ」という歌で口伝えされている.また,この5拍のリズムは同じガーナの音楽でも,地域や種族で微妙に緩急の付け方がズレているようだ.
パンロゴや他のガーナの音楽に慣れ,5拍のリズムが身についてくると,このズレの間隔を自由に動かして,4拍子一小節の間を,正確に5等分するリズムなんていう芸当もできるようになる.

 

ちなみにガーナ音楽になじみのない人でも,ボザノバなどのラテン音楽をよく聞くと,背後で主にクラベスという拍子木が,このケニケニのリズムを刻んでいるのがわかるはずだ.アフリカから奴隷として連れ去られ,南米で生きることになっても,故郷の心臓と足のリズムまで奪うことはできなかったのだ.

カテゴリー アフリカのリズム

サバ缶ヴィンテージ

昔からサバの水煮缶が好きだった.特に食べるとすぐ崩れてしまう中骨と,身と違ってしっかり脂肪の残っている薄腹の部分の味わいは,他の調理法では得られない缶詰ならではのものだ.ところが大人になってから食べても,どうも醍醐味に欠けるような気がしていた.食生活が豊かになったせいだと思っていたのだが.

10年以上前,食品流通の会社を取材した際,サバ缶が旨くなるのは賞味期限が切れてからで,販売できなくなったものを,社員が奪い合いをするという話を聞いた.なるほど,自分の味覚が変わったのではなく,早く食べ過ぎていたのか.これは試さなくてはと思ったが,なんだかんだで実際に買い込んだのは2011年.これは足掛け6年に及ぶ,真のサバ缶の追求の物語である.

サバ缶は本当に消費期限が切れてからが旨いのか.確か子供時代のサバ缶は,1つ2つわざわざ買ってきたりせず,押し入れか何かからホコリを被ったようなのを出してきてた覚えがある.親の世代特有の食品買いだめをやっていたのだろう.冬に買い物が不便になる北海道で生まれ育ち,また戦後の食糧のない時代を経験してきた人たちは,決まって保存食を貯めこんでいたものだ.子供時代のサバ缶もそんな買いだめのひとつだろうから,普通に賞味期限切れもあったのだろう.

少しでも賞味期限の迫ったのを求めて,サバ缶はスーパーでもワゴンセールなどの見切り品を狙ったのだが,それでも期限は数年後になる.その時は面白がっていても,何年か後には絶対バカバカしくなってるだろう。そう思うと,しばらく手を出せないでいた.が,ある日,自分ももう若くないのだということに思い至った.たとえ無為徒食のような人生でも,年月の積み重ねには何かの意味があったと身を持って示したい.そこでついに数個のサバ缶を買い,他の恥ずかしい思い出の数々とともに,押し入れにしまいこんだ.そのとき、賞味期限の2015年某日まで4年.ちなみに,購入直後も食べてみた.サバ缶自体久しぶりだったが,やはり醍醐味に欠けた.期待していない鮮度だけが印象に残る味だった.

サバ缶のヴィンテージは製造日ではなく,賞味期限で語られるべきだと思う.2015年の賞味期限を1日だけ過ぎたある日,満を持して開封したそれは,まだ若々しさの残るヌーボーというべき味だった.悪くはないが,4年も待った甲斐があったと言えるほどではない.もしかしたら今のサバ缶は製造法などが変わり,ここが頂点なのか?望んだものは決してその通りには手に入らず,いつもかすかな失望を伴う.その時のサバ缶は,確かに人生の味がした.

で、先日,そんなことも忘れてしまっていた頃に,賞味期限をしっかり1年以上過ぎたサバ缶を見つけて開けた.ちゃんとホコリを被り,心なしか色あせたように見える缶.できればプルトップではなく缶切りで開けたかったが.

ただし,開けた時の景色は,期限切れ直後の去年とはだいぶ違っていた.若い缶は隙間なく身が詰まっているが,今回のは身が溶けて細くなったのか,煮汁の隙間で泳いてるようだ.また,若い缶のようなピンクっぽい鮮やかな身の色や,骨の硬さはどこにもない.煮汁の透明感はなくなり,ところどころに白いモヤのような凝固物がただよう.味は全体に塩味がよくまわっていて,コクが増している.アミノ酸も増えているようだ.

それは昔と同じだった.ただそれだけのことが実にうれしい.

鯖水煮缶

次回「リズムとズレ2」(6/20投稿予定)
乞うご期待!

アメイジング・グレイス2


グラミー賞を受賞した,カルロス・レイスのライブ映像.同じ曲でも以前紹介したジム・ブライト翁の動画とはうってかわって,ソウルフルなR&B風から軽快なカントリー風へと変化する,アレンジが楽しい.テクニックも相当なものだと思うが,それほど視聴数が多くない.それでも今は千番くらいにはなったが,当初は2,300程度で,そのうち100回は自分が見た回数だと思う.

この曲はアメリカでも最も親しまれた賛美歌のひとつで,作詞者はジョン・ニュートン (1725–1807).作曲者は不明である。ニュートンは,なんと奴隷貿易商だったという.若い頃から奴隷貿易で富を得たが,30歳で病気を理由に引退し,猛勉強と多額の献金を重ねて牧師になった.その後作詞されたこの曲には,黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と,それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する感謝が歌われている.(「wiki」よりって、おいおいそんな曲だったのかよ)

次回「サバ缶ヴィンテージ」(6/16)公開予定
乞うご期待!