ヴィオラへの道 その3の2

eBAYのバイオリン・メーカーは,落札できなかったオークション出品物と同じような価格帯のヴィオラをすぐに出品してきた.ただしこれはオークションではなく,定価販売.サイズは15インチでやや小さいが,価格は落とし損ねたオークション品の落札価格とほぼ同様の199ドル,2万1千円.落札までの経緯をみて,同様のプライス・ゾーンに需要があると知り,すかさず出してきたのだろう.出品したことがないのでわからないが,もしかしたらそこまで自動的に予約できてるのかもしれない.いろいろ考えさせてくれて,実に勉強になる.勉強代も含めて,これを購入することにした.
ビオラまずはこの雄姿を見てほしい.見る人が見れば分かるのかもしれないが,素人目には一分の隙もない.画像をクリックして拡大するとわかるが,楽器の一番下の黒い三角形の部分に,象嵌した二重丸がついている.ビオラの印なのかよくわからないが,これがヤバい.
また,弦の下端を止める部分に,真鍮製のネジが一個だけ付いてるが,これは上のペグだけではできない音程の微調整をするためのもの.激安バイオリンではそれが全弦についていたが,これは1本だけ.もう慣れてるから,他の弦はペグだけで調律できちゃうんだよね,ということを物語っている.それがまた実にヤバい.
ものすごくいいと思ってるが,表現する知識がないので,低能語で言うしかないくらいヤバい.

次回「ヴィオラーへの道?」(7/14公開予定)
乞うご期待!

2 thoughts on “ヴィオラへの道 その3の2

  • 7月 13, 2016 at 07:43
    Permalink

    もう書いて予約投稿してあるので、そのへんはノーコメントです。お楽しみに。

    Reply
  • 7月 13, 2016 at 05:51
    Permalink

    思いきりましたね。ヴィオラ。現物が楽しみですね。またお得意の修復作業などあるのでしょうか?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です