ヴィオラー?への道

バイオリン奏者はバイオリニストだが,ヴィオラの奏者は?ひょっとして「ヴィオラー」か,というのがタイトルの解題だが,実際は「ヴィオリスト」と呼ぶらしい.知らなかった.

さて,ついにヴィオラが届いた.ダンボールとテープでがんじがらめに梱包され、けっこうな大きさの割に,空っぽかと思うほどの軽さである.梱包を解くとバイオリンの時とそっくりの黒いケースに入った,バイオリンそっくりのヴィオラが出てくる.デジャヴかと思うほどだが,すべてのサイズが一回り大きい.長さは1インチ(2.54センチ)大きいだけだが,幅と厚みがバイオリンとは大分違う.

そして、弦が太い.バイオリンとくらべて,同じ音程の弦は同じような太さなのだが,一番細い弦がないかわりに,針金くらいの太さのものが増えている.それだけで,ぐっとゴツくなった印象を受ける.弓も棒がやや太くて,毛の部分の幅が広く,パワフルになった印象だが,長さはバイオリンのよりもちょっと短い.そういうものなのだそうだ.

ただし,やはり写真はお見合い写真だったようだ.フォトショップではないにしろ,同モデルの会心の出来のものを,凄腕カメラマンが撮ったという感じだ.現物はニスの塗にムラがあるようだし,ニス塗の前のちょっとした汚れがそのまま塗り込められてしまったところもある.多分ちゃんとしたヴィオラなら,毛ほどの汚れもないのだろう.そのへんは,入門用にも程遠い2万円の楽器ということなのかもしれない.

だが,ヤバいことには変わりない.きれいな木目を2枚継ぎ合わせた裏の板も,穴から覗いてみると,ちゃんとそういう板を貼り合わせて削っていることがわかる.十分,いや、十分以上のヤバさである.問題は弾きこなせるか,いやその前に音は出せるのか?

次回「ヴィオラの音出し」(7/18公開予定)
乞うご期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です