やらかしてしまった

大失敗をやらかしてしまった.まだ新しくてニスもピカピカのビオラが,傷物になってしまった.弦の高さを下げようと,ブリッジを削ったことがそもそもの始まりだ.削り終えたブリッジの固化のために亜麻仁油を塗っておいたのだが,これが完全に乾燥しないうちに設置してしまい,本体のニスを溶かしそのまま固まっていたのだ.今回,ブリッジを削ってさらに弦を低くしようと取り外したら,ちょうどブリッジの脚の着いたところが2箇所,ニスが剥がれて下地の木が出てしまった.
ビオラの傷亜麻仁油というのは非常に乾燥が遅く,完全に乾くまで一週間以上かかる.乾燥すると固く樹脂状に固まるのだが,今回は乾きが甘くてニスと一緒に固まってしまった.
ついでにブリッジをひっくり返して見ると,接触面が一部分で,いわばつま先立ちのように置いてあったことがわかった.置いた後,弦を巻き上げる力に引っ張られて,少し傾いてしまうらしい.(写真のブリッジの位置はおかしいが,弦を緩めすぎると中に立ててある魂柱がたおれるかもしれないのでそうしている)
ブリッジを削って低くしたおかげで,やや弾きやすくなったような気がする.また,それまで弾き始めに弓がかすったようになって音が出なかったことがあるが,ブリッジが傾かないよう気をつけて置いたので,その点は改善された.が,痛恨のきわみではある.悔い多き人生に,またひとつ後悔のネタが増えてしまった.

次回「タイムトンネル」(10/2公開予定)
乞うご期待!

 

 

スケールをやろう

scaleビオラを手に入れたのを機会に,あらためてスケールの練習をすることにした.スケールというのは,「ドレミファソラシド」のこと.からだけでなく,から始めて同じく「ドレミファソラシド」に聞こえるように音を出せば,それはのスケールだ.Dなのに「ド」はおかしいので,「Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵ、Ⅶ」で表す.

さて、左の図で白いダイヤがバイオリンの調律、黄色いダイヤがビオラの調律で,右側が高音,左側が低音になっている.第3弦(赤)の開放から順にスケールを押さえていくと,指で抑えるのは6箇所で、しかも「Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」と「Ⅵ、Ⅶ、Ⅰ」は,お隣どうしの同じ場所.Dのスケールを1オクターブ分弾くのに,3箇所覚えるだけで良いのである.ここからいくつかを半音ずらせばマイナースケールに,さらにブルーススケールになる.

さらにジャズやポピュラー音楽でお馴染みのモードを知りたければ、Google Chromeの拡張機能に「SCALES and MODES QUICK REFERENCE」という大変に面白いツールがある.本当に良い時代になったものである.

 

scaleandmode
SCALES and MODES QUICK REFERENCE

スケールはアドリブの母だ.スケールを指で覚えてしまうと,まぐれでも、ときどきそれらしいフレーズが出てくる.言うなればでたらめだが、それらしい雰囲気のでたらめは、下手に楽譜通りに弾くよりずっと音楽らしい.

次回「やらかしてしまった」(9/24公開予定)
乞うご期待!

果たして今の実力は?

バイオリンをやってると言うと,今度聞かせてと言ってくれる人がいる.8割がた社交辞令だが,残りの人にも聴かせるつもりはない.素人芸を聞かされるほど苦痛なものはないから,築き上げた人間関係を壊しかねない.
でも、もし自分が大企業のトップだったら,有名ホールを貸し切り,オーケストラを雇い,社員と取引先を強制参加させてリサイタルを開きたいとは思う.それくらいの権力は振るって当然だと思う.もちろん高級弁当はつける.録画・録音一切なしなら,素晴らしい思い出だけが残るだろう.
そこまで考えて,弁当はどこ,プログラムの印刷はどことなると,しがらみがあってそんなことも自由に選べないことに気がつく.そう思うと,のんびりバイオリンを弾いてられるのも,権力者じゃないからこそなのだろう.

ともかく,自分の今の実力はいつでも気になる.以前紹介した,2年間の上達記録の動画と比べてみると,おそらくだが3カ月目くらいではないだろうか.調子のいい日に,何回も撮り直してノーミスの演奏を選び,できれば音楽編集ソフトでズルしまくれば,これくらいは行ってるのではないかと思う.ちょうどこの動画でも,ビブラートを入れ始めている.我流でしかもきちんと時間をかけてない自分としては,これで上出来だと思っているが,他の人なら1年以上やってれば,間違いなくもっとうまくなっているだろうと思う.特に最初の頃の絶望的な雑音の時期は,案外すぐ通りすぎてしまう.バイオリンには,そういうとっつきやすさがあると思う.

次回「スケールをやろう!」(9/20)公開予定
乞うご期待!

オーケストラ!

先日観た,フランス映画のタイトルである.
バイオリン=クラシックだけではないと思うので,なるべくクラシック以外の話題にしようと努力しているのだが,やはりあの世界は奥深い上に幅広く普及しているので,どうしても話題にせざるを得なくなる.先日のG線上のアリアの記事などがそうだ.

「オーケストラ!」は,音楽をテーマにしたコメディである。舞台は現代のロシアだが,ソビエト時代に,政府の弾圧でボリショイ管弦楽団の掃除夫にされてしまった天才指揮者が,フランスから楽団への公演依頼に勝手に応じ,同じように追い出された楽団員たちを集めてパリへ行く話.メンバーは運転手や八百屋,ジプシーなどをやっていて,中には共産党の復権を信じて街頭演説を続けている者もいる.映画は「典型的なロシア人」のパロディらしいのだが,人数分のパスポートを空港ロビーで偽造したり,楽器は前日のリハーサルでようやく調達できたりと,すべてがルーズで無計画.しかもパリにつくなり,全員どこかに遊びにいってしまう.日本人の私としては可笑しいやら気が気でないやらだ.

動画は,人気絶頂の女性バイオリンソリストの前で,ジプシーの団員が演奏するシーン.楽器を持てば歌えや踊れやになってしまうが,突如倍音のアルペジオなどという超絶テクニックも飛び出す.セリフなしの演奏だけで「どちらも音楽」ということが伝わってくる,お気に入りのシーンだ.動画は不正アップロードだろうが,ロシア式に細かいことは気にせず,楽しんで欲しい。

次回「果たして今の実力は?」(9/16公開予定)
乞うご期待!

ビオラについて

ビオラを手に入れてから,初心に帰って主にスケール練習をしている.手に入れたのは標準よりやや小さめなサイズなのだが,それでもバイオリンに比べれば全体的に大振りである.4本の弦のうち,3本まで弦の音程がバイオリンと共通なので,それほど差はないと思っていたが,全体的に弦がぐっと太くなった.指板からの高さもずっと高く張ってあるので,押さえる時の反発が強い.バイオリンの一番細い弦などは,指を乗せただけで押さえられてしまいそうだが,ビオラの場合はぐいっと押し込まないと,きちんと押さえられない.弓のあて具合も,バイオリンだと弦に乗せただけで音が出るが,ビオラは少し力が要る.もちろん楽器の良し悪しも関係あるだろうが.

shoulder_restそんな具合だから,スケールもなかなか綺麗に弾けないが,不思議と苦にならない.遊びたくなったら別にバイオリンがあるせいか,のんびり練習している.ときおりきちんと安定した音階が出ると天下をとったような気分だ.また,激安バイオリンや中古と違う,どことなく漆器を思わせるような,それらしいニスの香りがいい.

ところで,バイオリンやビオラには肩当てという付属品がある.歴史はそれほど古いものではないらしく,素材も形状もまちまちだ.バイオリンに穴や傷をつけず,不規則な奏者の肩の形に合うようにするということで,なんだか無理に無理を重ねたような形をしている.
最初は装着法がよくわからず悪戦苦闘したが,慣れてからも,うまく支えられているかどうか,いつまでも納得の行かない道具だった.特に,楽器を構えるまでで,一番手間取るのがこの肩当ての装着だ.これをつけなくていいなら,ちょっと時間が空いたので5分ほど弾いてみようか,という気にもなるのだが.

それがビオラの時にはピタッとおさまって,しっかり楽器を支えてくれる.楽器と一体化して,いつも同じ角度,同じ方向に楽器をセットしてくれる.まさに道具は使いようなのだが,だからと言ってバイオリンだとちょっと邪魔くさいことに変わりない.相性なのだろう.

次回「オーケストラ!」(9/12)公開予定
乞うご期待!