光コラボ

最近,光コラボのセールス電話が多い.NTTが光ケーブルの販売を自由化し,通信各社が携帯などのサイービスと抱合せで低価格で販売できるようになったらしいが,うさんくさいので断ることにしている.断り方は「NTTさんとお取引をいただいているので」.これはウソではなく,1回線分とは言え,契約を結んで取引をしていることは間違いない.これで大体引き下がってくれる.
私はダイヤルアップの時代から,とにかく早い回線へと乗り換えてきたので,さらに速度が出るサービスというならまだしも,単に安くなるだけではメリットを感じない.光コラボでは,NTTは光回線の卸としてコラボ各社と回線を提供することになるが,それだと従来の回線数より多めに卸していてもわからない.設備に手をつけないで契約だけ増やせば混雑してスピードが遅くなるが,実際コラボを契約してから遅くなったという例が相次いでいる.何より不可解なのは,一度コラボ契約を結んだらNTTとのフレッツ契約に戻れないという点だ.コラボ企業同士への乗り換えもできないらしい.NTTではいまだにフレッツを募集しているだけに,契約の考え方としておかしいような気もする.電話口で返事するだけで契約が切り替わるそうなので,言葉尻をとられないよう,コラボ業者の電話には気をつけている.

江差追分

これまでに2度,江差追分の取材をしたことがある.江差追分は北海道を代表する民謡だが,日本中に愛好者がいて,江差追分だけの全国大会が開かれている.民謡の王様という人もいる.特色は,と言えるほど知識がないが,なんと言っても息継ぎの少なさが印象的だ.聞けば分かる通り,掛け声と掛け声の間は,息継ぎ無しで歌いきらなければならない.

江差追分は,江戸時代の寛永年間,座頭の佐之市が信州の追分節をもとにして作ったといわれている.ニシン漁で栄えた江差の花街で,お座敷芸として伝わってきたらしい.民謡というと労働歌が長い年月をかけて,歌い継がれて現在の形になったように思えるが,江差追分は一人の天才が作り出したものだ.しかも元歌はともかく,お座敷芸であって,労働歌ではないという.

これは意外なようで,当然のことかもしれない.そもそもこんな息継ぎのない歌を,作業しながら歌えるわけがない.漁業ならなおさら,そんな悠長なことをしている暇も体力もないはずだ.なにより親方に殴られてしまうだろう.また船の上より,人の集まる花街で大流行して,多くの人とが聞いたから今も残っているという方が自然だ.そう思うと他の民謡も,名前が知られていないだけである日突然天才が作り出し,都会で広まったもののほうが多いのかもしれない.人のやることで,自然発生などありえないのだし.

現代人は伝統文化から切り離されて生活していて,それを敢えて残そうなどとは考えない.一方で目の前のカッコイイことに飛びついて,すぐマネをする.がこれは大昔から,どの時代の人も同じだろう.もしかしたら竪穴式住居でも,縄文式土器でも,誰かが一代のうちに作り上げたものが流行し,次の天才が新しい様式を作り出すまで作り続けられたのかもしれない.

次回「クリスマス・ソング・ア・ラ・カルト」(12/2公開予定)

美食倶楽部(広告)

数年前から,bishoku.clubというドメインを持っている。言うまでもなく,日本が誇る芸術家にして美食家,北大路魯山人が主催した「美食倶楽部」にちなむドメインである.独自ドメインという性質上,ネット上でこのドメインを使えるのは私しかいない.試しに検索したら取れてしまったので,これはラッキーとばかりにネットで公開し,買い手を募集してきた.だが,打診どころかアクセス数もなかなか伸びない.本当はドメイン市場に出したり,ブログを書いてアクセス数を獲得しておくべきなのかもしれないが,できれば縁のある人に譲りたいし,手垢のついたものはいやだろうと,トップページだけで放置してきた.待つだけだから手間もかからないし,サーバーも自前のものだから経費も知れているのだが,最近は,そのうち放棄するんだろうなと考えていた.

が,ここに来てアクセスが増えてきた.残念なことに海外からがほとんどであるが,ロボットなどではない.せっかく和食が世界遺産になったのだから,私としては日本人に買ってほしかった.が,どこぞの景気の良い国からとんでもないオファーが来れば,私とてホイホイ売ってしまうだろう.ネットビジネスでの日本の立ち遅れというのは,こういうところにも表れている.

まだはっきり値段を決めてはいないので,早いうちに申し出てくれた人には,おそらく後から後悔するような安値で売ってしまうだろう.そして,二度と手にはいらないような価格で取引されるに違いない.

その名を許されるただ一店のために BISHOKU.CLUB

野心的な味覚のプロフェッショナルのお申し出をお待ちしております.

ゲーム・オブ・スローンズ(GAME OF THRONES)

最近小説や映画,ドラマが楽しめない.登場人物の名前や顔が覚えられなかったり,話の流れがつかめなかったり.なによりストーリーに食いついていく体力がない.一番問題なのは,今まで見てきた多くの映画や小説先のせいで,どれも先が読めてしまって,驚きがない.年を取ったのかなと思っていたのだが,そんな不安を吹き飛ばすアメリカのTVドラマに巡り会った.「ゲーム・オブ・スローンズ」である.(知ってる人にはいまさらな話だと思うが)


数年前から,海外のさまざまなサイトで取り上げられていたので,気にはなっていたのだが,テーマ曲がバイオリンの演奏動画になっていたり,知人からの強いお勧めもあって見ることにした.幸いネット配信サービスがあって,1カ月間無料。延長せずに解約しても可というので,いざとなったら超特急で見終えて解約するつもりで見始めたのだが.

すごいのなんの,2011年の放送開始以来6年連続でエミー賞を受賞していて,その数は史上最多の38個.脚本も特撮も,現代だからできるありったけを注ぎ込んだような作品だ.映画では納まらないのでTVシリーズにしたとも言われている.

舞台は中世ヨーロッパを思わせる架空の世界.7つの王国が,それぞれ権力闘争と他国との戦争に明け暮れているところに,全世界を破滅させる強大な敵の影が近づく,という話である.魔法やモンスターも出て来るが,ファンタジーものにありがちな,それ一発で状況がひっくり返るような安易な使われ方はしない.あくまで人間の欲望や恐怖,生き残るためのあがきが物語を進めていく.そしてとにかく残酷とエロシーンが強烈で、しかも暴力的だ.子供はもちろん,誰にでもおすすめできる作品ではないかもしれない.

だが,その壮大さと緻密さ.主要な役だけでも何十人にもなるが,一人ひとりの顔や名前はもちろん,それぞれの持つストーリーが頭に刻み込まれていく.そして,次の瞬間に何が起きるのか,全く予測がつかない.一人の心の中の葛藤から大平原での大軍同士の戦闘まで,いきいきとダイナミックに描かれ,歴史上の文豪や詩人が描きたかったのは,こういう世界なのだろうと思わせるほどだ.

また,女性の描かれ方が素晴らしく,さまざまな魅力的なキャラクターが登場する.王宮内の権力争いも結局暴力で片がつくくらいだから,女性の地位などないも同然.政略の道具にされたり娼婦になるのはマシなほうという世界で,過酷な境遇に負けず,ギリギリのところで生き残っていく.

peter主役がいないような作品だが,最も印象的な役柄を演じたのは,この作品でエミー賞助演男優賞を2度獲得したピーター・ディンクレイジだろう.身長135センチの小人症の彼は,作品の中では,王族に生まれたから生かしておかれただけの余計者で,欲望に忠実に生きている.最後は暴力という世界で,身体的ハンデを権謀術数で補いながら,あらゆる悪徳と悪巧みに手を染める.障害者だからといって,必要以上に聖人君子に描かれるようなことはなく,それでいて魅力的な個性を持っている.はじめは卑小で屈折した人物が,陰謀家の立場は変わらないものの,徐々に将軍や王者のような風格を備えてゆく有様は,他では例を見ないほどだ.

次回「江差追分」(11/28公開予定)
乞うご期待!

ホームページの最期

nifty

先日知人のサイトを訪れたら、こんな表示が出ていた.20年以上続いた簡易ホームページ作成サービスが,突然終了したというお知らせだ.当時はウェブサイトという言い方はしなかったので,あくまでホームページである.知人の場合は,インターネット・プロバイダが誕生する前の,パソコン通信時代からアフリカ音楽に関する情報提供をしてきて,アフリカ音楽関係者の間では知られた存在で,私が知り合ったのも,このサイトを訪問したのがきっかけだった.

ここはインターネットの世界では老舗サービスだったので,長年,いろいろな人が情報提供や情報交換を行ってきた.昔は自力でドメインとサーバーを用意するのが難しかっただけに,いろいろなジャンルの研究者なども利用しており,今なお活発に活動してたサイトも多かったはずだ.それが一夜にして空き家状態である.引っ越ししたにせよ,たまに訪れた人にとっては,新アドレスを知るすべもない.

幸いこの知人の場合は,独自ドメインを取得して新しいサイトを運営しているが、そういうことにも多少の知識や技術が必要なので,できないから簡易サービスを利用していたという人は,ここで活動を断念するしかない.趣味でもなんでも,長期にわたって情報提供をしたいなら、独自ドメインが必要だ.独自ドメインさえあればサーバーはどこでもいいし,後からデータを持って引っ越しすることもできる.有償であれ無償であれ,企業のサービスに任せきりでは,突然打ち切られても文句は言えない.最初によく読まなかった小さい文字の注意書きに,そうかいてあるのだ.FACEBOOKやTWITTERも同様,いつか必ずサービスは突然終了する.「便所ナウ」程度のことを書くならいいが,これらを通じて作品の発表をしたり,友人ができたりしたなら,速いうちに独自ドメインのサイトを作って,そちらに誘導しておいたほうがいい.