バイオリンと寄る年波

バイオリンの記事に,だんだん書くことがなくなってきた.練習してないわけではないのだが,そうそう急に上達したり,新しい発見があるわけではない.そんな中で,あちこち筋肉痛が出てきた.まず弓を持つ右腕の肘.弓は握るというより指先で端を摘んで持ち上げ続けるような持ち方なので,軽いものではあるが,持ち続けるのはなかなかつらい.そして左手の甲と前腕筋もすぐ疲れる.

これは練習不足なのか,年なのか.若い時なら一定期間毎日時間をかけて練習していけば,すぐに筋肉がついて克服できただろう.今だって,もう少し練習時間をかければ慣れるような気はする.一方で体には限界があり,しかも年々衰える一方のはず.いつかは限界に追いつかれてしまうことも確かだ.問題はそれがそろそろなのか,まだ先なのかである.こう言ってしまうと,腕力だけでなく,記憶力,判断力など,日常生活のすべての点で,そろそろなのか,まだ先なのかが気になるところだ.

そこで考えた.物事を限界まで追求し,極めた人間は尊敬に値する.そして年を取れば取るほど,限界まで行き着くのは簡単になる.限界のほうで下がってきてくれるのだから.これで自分も,続けてさえいれば「バイオリンで、自らの限界を極めた男」になれることだけはわかった.

次回「写植と版下」(1/15公開予定)
乞うご期待!

8 thoughts on “バイオリンと寄る年波

  • 1月 13, 2017 at 15:01
    Permalink

    これは全く同感です。楽器をやってる人は女性でも随分大きな手をしてますが、私はそれより指が短く、しかも小指などは細くて力が出ません。ですが、ジャズギターの草分けのジャンゴラインハルトは、子供の頃やけどで左手の小指と薬指が動かなかったと言いますから、やりようはあるのではないかと思ってます。

    Reply
  • 1月 13, 2017 at 11:23
    Permalink

    ギターのコードのゆびの配置がうまく行きません。手も小さく指も短い方なので指がつりそうです。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 14:22
    Permalink

    僕もその部類ですかね。雑学と経験に我流ですから,がむしゃらにやって来ただけですが。でも好きな事ではありましたね。まず基本は好きじゃあないとダメでしょうね。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 13:27
    Permalink

    むしろ知り合いの音楽関係者はみんな独学でしたね。クラシック畑じゃないからかもしれませんが。デザイナーも、専門学校出より、独学で他業種から入ってきた人のほうが上手かったような気がするんですが。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 12:20
    Permalink

    音楽を若い頃にかじって,すぐやめてしまった理由は自分の限界を知ったことでした。プロフェッショナルになるには幼児の頃から英才教育で音楽に馴染んでいなければいけません。すべて見様見真似や我流で来た僕などはプロたちが他人には見せない苦労を知りませんからね。多くの人はプロになるわけでは無いので自分流に楽しめばいいのですよね。他人と比べなければ限界もありませんね。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 06:46
    Permalink

    僕もボチボチとギターとブルースハープを練習と言うか触れています。練習する時間はあまりないので上達までには相当掛かると思われます。年齢ですかね?ピックでもスターカットでも早い動作が苦手になりましたね。疲れたら止める程度の練習で,それがまた,すぐ疲れるから困りものです。昨日電機店で見つけたのですがカシオのキーボード3万円台のものは楽曲まで記憶していて簡単に練習できるものがありました。電子楽器も簡単になってきたみたいです。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 06:39
    Permalink

    自らを操り人形のように上から腕をつりさげれるセットを作ってはどうですか?。スプリングかゴムで自由に腕を動かせる設計にします。天井にヒートン一つねじ込めばできそうですね。不要な時はヒートンだけなら邪魔にも目障りにもなりませんからね。でも練習場所は固定されますけどね。せめて練習の時だけでも疲れないようにしたいですね。

    Reply
  • 1月 12, 2017 at 06:33
    Permalink

    カメラなども長く構えて居ればブレたり,疲れたりしますね。そこで僕はカメラを構える時にはストラップを利用して腕を動かないようにストラップで腕を突っ張ってカメラブレを無くします。こうすれば疲れません。このヒントは機関銃やライフルで狙撃する場面から得ました。ヴァイオリンもストラップみたいなものは使えませんか?。肘の高さだけでも保てるようなもので,多少ゴムバンド的な融通の効くストラップがいいですが。サスペンダーの素材などいいですね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です