鹿肉

友人から鹿肉をおすそ分けされた。友人も猟をする人から足一本もらって、悪戦苦闘してバラしたそうで、あちこち配ったそうだが、それでも2キロほどあった。鹿は食べたことはあるが、自宅で料理ははじめて。ほとんど脂肪が見当たらない、色の濃い赤肉で、一部を薄切りにして焼いたが食べやすい良い肉だった。残りはビーフシチューの要領で煮込んだが、これも食べ飽きない良い味に仕上がった。モモなのでやや硬めではあったが、脂肪が少ないので、煮込み時間は牛より早く仕上げたほうが良いかもしれない。鹿ならではと思しき香りはあるが、牛や羊に比べればはるかにクセがない。非常に肉が赤いので、多分いろいろな栄養が含まれているだろう。みるからに刺し身がイケそうなので、調べると昔は盛んにやっていたようだ。ただし今は危ないから食べてはいけないらしい。道内では、増えすぎた鹿の食害が問題になっていて、なるべく多くの人に狩猟免許をとってもらい、鹿肉の流通にも力を入れているというから、食べる機会が増えるかもしれない。

3 thoughts on “鹿肉

  • 1月 15, 2017 at 00:32
    Permalink

    一番美味しい肉は,山鳥でしたね。キジに似た鳥です。酉年に鳥を食べてもいいんですかね?。今日も鶏の肉を食べてしまいましたが。

    Reply
  • 1月 14, 2017 at 16:48
    Permalink

    馬肉と一緒に食べると、大変に美味いのでは。

    Reply
  • 1月 14, 2017 at 12:18
    Permalink

    鹿肉はレストランと自宅で何度か食べました。濃い赤身の肉ですね。息子が鹿肉を沢山頂いて来て孫たちは平気で食べていました。むしろ僕の方がおっかなびっくりで余り食欲が進みませんでした。子供の頃は田舎で兎狩りして平気で食べていましたが鹿肉は小鹿のバンビでも思い出すのですかね。兎の時はミッフィーの存在は未だ知りませんでしたからね。兎肉も今なら無理かも知れませんね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です