インディアナポリス号の惨劇

久しぶりに映画「ジョーズ」を観た.さすが名作だけあって,ストーリーもアクションシーンも,今見ても全く面白さは失われていない.ところがその中に,何度も観たはずなのに,すっかり忘れていたシーンがあった.鮫狩りに参加した地元漁師サム・クイントが,太平洋戦争中の体験談を語るシーンである.

太平洋戦争終盤の昭和20年,サムは米巡洋艦インディアナポリス号の乗員で,秘密任務の帰路,日本海軍の伊号潜水艦に撃沈された.そして千人以上が海に放り出されたが,極秘作戦のため救難信号が打てず,救援が来るまで100時間以上もかかった.その間,仲間が次々に鮫に襲われていき,最終的には300人程度しか生還できなかったという話である.映画の中では,サムの語りだけにもかかわらず,ジョーズの襲撃シーンにも劣らない迫力だった.

この話は実話なのか創作なのか.「インディアナポリス号」で検索してみたところ,実話も実話,タイタニックと並び称されるほど有名な海の惨劇だった.その鮫との戦いの様子は映画よりさらに陰惨で,正直ちょっと検索したことを後悔したほどだ.
撃沈した伊号潜水艦は,本来内部に水上飛行機を積んでいて,当初はアメリカ本土の空襲を行っていたが,すっかり戦局が不利になったこのころには,人間魚雷「回天」を搭載していた.ただし,この時の攻撃に使われたのが回天かどうかはわからない.映画では救難信号を打ってなかったことになっていたが,実際は発信されていた.にもかかわらず救難が遅れたのは,米軍内部に派閥争いがあってコミュニケーションがうまくいっておらず,信号を受けてはいたが,日本軍に対する欺瞞作戦の一種と判断されたため,救難活動が遅れたのだという.まったくどこをとっても皮肉で救いようのない話だが,極めつけは,インディアナポリス号の秘密作戦の内容が,広島に投下した原爆の輸送だったことだろう.

次回「刑事ドラマとアメリカの警察」(2/26公開予定)
乞うご期待!

 

6 thoughts on “インディアナポリス号の惨劇

  • 2月 22, 2017 at 10:32
    Permalink

    物量に勝る米軍がおびえた「神風特攻隊」を真似てISなどの自爆テロが起きているとも聞きますが,天皇に命を捧げる神風と,神に命をささげるテロは確かに似ていますね。神には逆らえない環境下での絶対的な命令ですから特に武士道などの観点からも「ハイッ!喜んで!」となりますね。今の情報過多の時代の若者や中年男子なら逆らうでしょうね。軍隊になりません。

    Reply
    • 2月 22, 2017 at 22:11
      Permalink

      当時も命令に絶対服従ではなかったらしいです。我が家のとなりに沖縄戦の生き残りのおじいさんがいましたが、1平方メートルあたり4トンの爆薬が降り注ぐ中、なぜかどこに砲弾が落ちるか勘が働いて、部隊全員が当時伍長だったおじいさんに従って逃げ回ったそうです。小隊長だけが部隊を本体に合流させようと、必死に命令を出してのですが、一人だけ木っ端微塵になってしまったとか。また、嫌われた上官は、よく戦闘中に部下の兵士に撃たれたそうです。武器を持ってますから、かっとなれば当然使うわけです。敵にやられたかどうか、わからないですし。現代でも人望のない上司には人がついていきませんが、当時は命がかかってるので、なおさら上官は人望が必要だったようです。

      Reply
  • 2月 22, 2017 at 10:22
    Permalink

    長男の飛行兵の兄の時代には最後は飛行機も無く,ベニヤ板で偽装して飛行場に並べたり,飛ぶ飛行機の代わりにベニヤ板で作ったボートに爆弾載せて片道燃料で米艦襲撃をやっていたらしいです。終戦で救われたのですが,もう少しで飛行機乗りが屈辱のベニヤボートで自爆ですから。物量の米軍と戦うなんて非常識も甚だしいですね。

    Reply
  • 2月 22, 2017 at 06:08
    Permalink

    ジョーズより怖い実話ですね。そこまで調べずにサラッと映画を見ただけでは特撮に感心するぐらいで終わってしまいます。撃沈された時にも原爆は積んでいたのでしょうか?だとすれば?鮫も恐怖ですし,被爆も恐怖ですね。

    Reply
    • 2月 22, 2017 at 08:46
      Permalink

      原爆輸送の帰り道だったようです。とことん呪われた航海ですね。上の記事で「日本軍に対する欺瞞作戦」と書きましたが、「日本軍による」の間違いかも。意味が違ってきますね。
      ちなみに艦長さんは、その後責任を取らされて軍法会議にかけられます。とことん救われない話ですが、インディアナポリス号については、今年1月に「パシフィック・ウォー」の邦題で、新作映画が封切りされたようです。名作間違いなしでしょうが、見なくてよかった感じですね。

      Reply
      • 2月 22, 2017 at 08:50
        Permalink

        「日本軍に対する」で正しいようです。米軍基地はインディアナポリス号からの救援信号は受け取ったのですが、米軍の救助隊を襲撃しに来させるための、おびき出し作戦だろうと判断して、無視したようです。

        Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です