KEEPA

以前にも一度紹介したが、amazonの商品の価格推移を追跡する、KEEPAという、GoogleChrome用の拡張機能がすごい。何ヶ月分もの販売価格の推移や売れ行き、人気度などを、グラフ表示してくれるのだ。定価のあるものは別だが、特に業者の出品や中古品などは、かなり価格の変動があることがわかる。大体新発売時には高く、徐々に安くなっていくが、クリスマスの前はかなり値上がりし、過ぎるとがくっと下がる。また、長い間売れないでいると下がって行き、売れ始めると値上がりしていく。商品に対する消費者の人気や需要、販売側の思惑などが手に取るように分かって実に面白い。

企業は、こういうデータを表に出したがらない。広告制作にあたって、その商品が市場でどういう位置にあるか知りたいと思うこともあるのだが、まず教えてくれないし、企業がきちんと把握していない場合もある。もちろん売上数字は頭に入っているのだろうが、変動する意味まで深く考えていないことも多い。それがKEEPAを見れば、amazonが扱っている、あらゆる商品の売れ行きや消費者の人気度、他社の価格戦略などが垣間見えてくる。まるでお宝情報の山を見ているような気分だ。勉強になることこの上もない。

KEEPAは、amazonで購入する際にも随分役に立つ。最近「トラッキング」という名前で、価格を指定して、それを下回ったらメールが来るサービスが始まった。これまでのリテールビジネスのあり方を根本から変えてしまうかもしれない機能だ。
そこでさっそくデザイン関係の絶版本を、中古マーケットで指値してみた。多分定価が4.5千円のものだろう。初期の中古出品はそれをちょっと下回るくらいだったが、ネットで紹介された直後、3万円に跳ね上がっていた。古書の値段などあってないようなものだから、それもしかたない。

ところがその後除々に値下がりして、現在何社かの古書店が1,700円台をつけている。今までの最安値だ。こんなきめ細かい価格推移など、普通は到底追いかけてはいられない。それが販売開始時まで遡って、ひと目でわかる。おそるべき機能である。私は1,200円より下がったらメールが来るように設定した。これはおそらく出品者に通知されるだろう。利益は出るだろうが、全然うまみのない額を指定したつもりだ。
こちらはその後指定額を1,300円に値上げ。これで、図々しいが冷やかしではなく、買う気だけはあるととらえて欲しいところだ。それを見て、何社かある業者はどう考えるか。価値のある本だが、一般的ではない。粘っても1700円なのだから、同業者より先にさっさと現金化したいと思うところが出てきてくれないだろうか。そんな駆け引きの面白さもある。

7 thoughts on “KEEPA

  • 3月 31, 2017 at 09:49
    Permalink

    とうとう,アマゾン戦略に乗せられました。ネットショッピングはなるべく避けていたのですが,これで3回目ですね。1回目はスタッドレス・タイヤでした。これは北米輸出用で多少ゴム質が固目でしたがダンロップの新品が1本9,000円で36,000+送料2,000円でした。通常なら1本20,000円以上で,4本で80,000円以上ですから半額でした。2回目は子供用自転車でした。そして3回目が今回のトランペットです。レンタル・サーバー代などは毎月僅かながらもクレジット決済でネット払いしていますが,ショッピングとなると実物を触れないので心配もあり,中々思い切れないですね。返品も面倒ですからね。今回は,実物を見てから評価コメントもしてみたいと思います。

    Reply
  • 3月 30, 2017 at 10:35
    Permalink

    お蔭様で,とうとうKEEPAにハマってしまいました。そして,ついにトランペットを購入してしまいました。以前に欲しいと考え,楽器店で練習用のプラスティック製のマウスピースを買ってクルマに積んでいて時折練習はしていましたが,相当期間トランペットには触ってもいないので,肝心の唇は柔らかくなってしまい,右手の三本の指の動きも,甦るか心配で,吹ける自信は全くありませんが,どうしても身近に置いて置きたい衝動に負けてしまいました。偶然とは言え,これだけ短期間で,ブルース・ハープも,ギターも,トランペットも揃いましたが,全て練習するには相当な時間を割かなければ無理でしょうから,仕事が趣味で,それほど自由時間の無い僕の場合,どれも中途半端になりそうです。4月初旬に届く予定ですが,心配でもあり,少し楽しみでもあり,微妙な気持ちです。

    Reply
    • 3月 31, 2017 at 08:22
      Permalink

      賢い消費者になれる一方、興味のあるものの値段を調べ始めたら、片足突っ込んだのも同様ということかもしれません。amazonのマーケ戦略の狙いもそこかもしれませんね。というところまで分かっても、価格推移は面白いです。仕事柄、「業」みたいなものですね。

      Reply
  • 3月 28, 2017 at 17:44
    Permalink

    KEEPA見ました。トランペットなど見ましたが,超安いのが多かったです。トランペットの場合は新品でなくても直接基地をつけるマウスピースさえ新しければいいわけです。でも中古にも気に入ったものがありました。他の商品でも80%プライス・ダウンなんてものもあって面白いですね。

    Reply
    • 3月 29, 2017 at 07:53
      Permalink

      こんな詳細な情報は、amazonが提供しないとわからないと思うのですが、だとしたらマーケ戦略の一種ですね。以前の安かった情報も出すのですから、大胆なやり方だと思います。

      Reply
  • 3月 28, 2017 at 06:54
    Permalink

    ネットオークションはやっていないので,たまにアクセスしたりはしますが,女性たちは結構マメにやっていますね。主にファッション関係が多いですが,誕生日のプレゼントのお返しに高価だけれど安く手に入るものなど真剣に探しています。それにしてもKEEPAなるものが存在することは知りませんでした。買い物をするよりもこの方が興味深いですね。貴重なマーケティング資料ですね。さすが大量物流のAmazonですね。そしてGoogleChromeにはこんな優れた拡張機能があるんですね。知らないと損ですね。

    Reply
    • 3月 28, 2017 at 09:43
      Permalink

      私は絶版になった本などが多いですが、デジカメのような人気商品は値動きが大きくて面白いです。機種や機能に詳しければ、もっといろいろなことを読み取れると思います。商品知識のある人は有利ですね。安くなった時に買って、すぐネットで売り出して稼いでいる人も多いようです。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です