北朝鮮、またミサイル発射

28日、北朝鮮が元山市から、東に向けてスカッド・ミサイルを発射した。飛行距離は450キロで、日本のEEZ(排他的経済水域)内らしい。ニュースなどでも解説があるだろうが、自分で距離を確認してみたので、ついでに公開。
※隠岐諸島から300キロとのことなので、画像を書き直した。狙ったのなら、EEZギリギリ。精密に、日本を挑発している。
※大体落下地点がわかったようだが、ひょっとしてと思って、飛行経路を延長してみた。こういう図は、メディアは公開しないと思うので。東京や、福島ではなかったので、そういうメッセージはないだろう。当該地区の方を脅かすつもりはないので、悪しからず。
(図法によっては、かならずしも地図上の直線が実際の直線にならない場合もあります)

バーニングマン

まるで映画かファンタジックなCG画像のようだが、これらはすべて、バーニングマンと呼ばれる、現実のイベントの光景である。

バーニング・マンは、アメリカ北西部の人里離れた荒野で年に一度、8月に約一週間に渡って開催されるイベント。会場は水も電気もない荒野の中の干上がった湖で、参加者は生活必需品をすべて自前で用意して来場し、オブジェを制作したり自由なパフォーマンスを繰り広げながら、互いに助け合って生活する。期間中は経済行為が禁止され、貨幣はもちろん、物々交換も推奨されていない。また、来場者は必ず何かに参加する必要があり、単に見物に来ることは恥ずべきこととされている。

画像だけでも驚きだが、一方で昔のヒッピーのコミューンのような懐かしさも感じる。多分無理だとは思うが、できれば参加してみたいものだ。

 

 

演歌の細道

若い頃、歌謡曲の世界では演歌が一世を風靡していた。TVの歌番組も多く、演歌歌手はたいていトリで登場した。演歌は中高年のファンが多く、若い人はロックやアイドル歌謡曲を聞いていたが、年をとると演歌の良さがわかるとか、演歌は日本人の心の故郷とか言われていて、そんなものかなと思っていた。が、実際年を取るにはとったが、別段演歌にはまってない。というより、演歌を聞く機会がなくなった。歌番組もなくなったし、演歌のスターも見かけなくなった。もちろん往年の大御所で今なお健在な人も多いが、今をときめく新星は出てきてないように思う。やはりあれは、その時代、その世代専用の音楽だったのかもしれない。

演歌が日本の心かどうかは、少々怪しくなってきたが、あのメロディは中東の人は違和感なく聞けて、郷愁を覚えるという話を聞いたことがある。日本人の駐在員が現地のホテルのロビーで演歌がかかっているので理由を聞いたら、「こういう上品な音楽は、当店のような高級ホテルにふさわしい」と言われたそうだ。和服を着て歌い上げる演歌が全くなくなってしまうのも寂しい気がするので、戒律的にまずい歌詞がないか心配だが、細々とでもシルクロード経由で広がってもらいたいものだ。