高齢者はスターウォーズを熱く語る 1

先日、タイトルにある一文を読んで、愕然とした。そういえば、最初の封切りは1977年、なんと40年前である。思わず電卓で計算し直したから間違いない、40年である。
当時のファンは実に熱く、日本上映を前に、アメリカまで観に行く者が続出した。今のようにLCCなどなく、しかも1ドルが300円だった時代に、である。むろん我々も負けてはおらず、封切り前にアメリカから16ミリフィルムのダイジェスト版を取り寄せ、自主的に先行上映会を開いた。同じ映画を何度も観るというのも、このときからだったような気がする。アメリカのファンはさらに熱かった。手作りのベイダー卿やストーム・トルーパーのコスチュームで映画館に臨んだ。思えばこれが、今で言うコスプレの嚆矢である。そんな熱いヤツらが、「高齢者」の一言でくくられてしまったのである。

もう、いいもんね。ジジイと言われても、居直って熱く語っちゃうもんね。と言うわけで、全てが名シーン、全てが名セリフという中で、私が一番印象に残っているセリフは、1999年のエピソード1、ファントム・メナスの1場面だ。後のダース・ベイダーとなるアナキン少年に、ジェダイ・マスターのクワイ・ガンジンが問いかける。
「修行はつらいぞ」
するとこう答えるのだ。

「それが私の望みです」

聞いたか、若造ども!ジェダイの修行は宇宙一過酷で、ブラック企業など目じゃない。地球だったら児童福祉法違反でパクられるくらい大変な修行を、望みだと言ってしまうのだ。福利厚生がどうのと、つべこべ言ったりしないのだ。

最初のエピソード4.5.6の後、続編をあきらめかけるほど待たされた上、我々もすっかり擦れっ枯らしになって、昔の熱気を忘れかけていたときに浴びせられたこの一言。思わず堕落した己の魂を恥じ入り、宇宙の続く限りベイダー卿についていこうと心に誓ったのであった。

One thought on “高齢者はスターウォーズを熱く語る 1

  • 5月 17, 2017 at 07:03
    Permalink

    そこまで熱く語れませんが,スターウォーズと言えば一度観ていますね。R2D2とダース・ベイダーとライト・セーバーを今も覚えています。最近では孫たちが観て,ライト・セーバーを振り回しています。映画館で買ったのかグッズのコップも沢山あります。40年前に観た我々も孫たちと同じ話題で盛り上がれる訳です。息子は子供の頃に観たと言っていますが?自分が連れて行ったのか?覚えていません。孫たちに「ジジ!」と呼ばれるたびに「ジジィじゃあネエぞ!」と今も若ぶる私です。孫も気を使って「オジちゃん!」と機嫌を取られると「ハイょ~!」とご機嫌になる始末です。困ったジジィです。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です