困ったデザイン

キッチンペーパーは便利だ。大きくて丈夫で水をよく吸うだけでなく、水や油を漉すのにも使える。だが、買ってきたままだと置き場所に困る。食器にも使うので、普段はホコリなどがかからないよう、なにか手頃なケースがないか検索してみた。
が、探しては見たものの、ご覧の通り、どうみてもトイレットペーパーに見えてしまう。多少素材を変えてみても同じである。白い巻紙であることが問題なのかもしれない。
機能面には全く問題がない。それどころか、長年トイレで培われたノウハウが生きているのだから、使い勝手は間違いない。だが、それがまたトイレットペーパーに見えるという、呪縛になってしまう。
大きさが違うので、現物は違和感はないとは思うが、写真が勝負の広告やネット販売にはけっこう影響があると思う。純然たるデザインの問題なので、なにか良い形はないか、考えている。

3 thoughts on “困ったデザイン

  • 6月 5, 2017 at 11:47
    Permalink

    リサイクル・デザインと言うことで,ハンガーの針金とペットボトルか何かで作れないですか?ちょうど良いサイズとなると焼酎のボトルですか?あいにく酒を飲まないので手元にはないですが,100円ショップに行けば,空のペットボトルもあるかもしれませんね。

    Reply
  • 6月 5, 2017 at 05:06
    Permalink

    余りにも長尺のお徳用のようで,見た目は全くトイレット・ペーパーに見えてしまいましたね。我が家にあるキッチン・ペーパーはもう少し細巻きです。見た目にも区別するなら文字で「キッチン。ペーパー」と堂々と書くのはだめですか?それともナイフやフォークのシルエット・イラストでハッキリさせるのは?となると?本物のトイレット・ペーパーホルダーには「うんこ」のイラスト?になりますね。それは世界共通のピクト・グラムにも無いですが・・・。

    Reply
    • 6月 5, 2017 at 08:04
      Permalink

      あまりにもそっくりなので、検索しただけでやめてしまいました。体質なのか、食事のせいなのか、ウサギのようにコロコロしたウンコしか出ない国民もあるそうだから、共通ピクトグラムは難しいかもしれませんね。そういう人は水玉模様のお茶碗を見ると、食欲をなくすかもしれません。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です