大予想、ブーム予備軍

と言っても高齢者向けの話だが。

最近サックス入門の広告をよく見る。なるほど、安いものではないが莫大というほどでもない。なかなかいい趣味だと思う。高齢者登山やヘボいそば打ちより、周囲に迷惑もかからないだろうし。ただし、サックスは歯にダメージが来る。それまで持ちこたえてきた前歯が、一気にダメになる可能性もある。私は2年前にバイオリンを始めた。なんと8千円だったから衝動的に買ってしまったのだが、どうやら着実に売れているらしい。サックスよりはずっと手軽なので、そちらもブームが来るかもしれない。

製麺機が密かな人気だという。かつて関東地方で家庭でうどんを打つために使っていた、ごつい鋳物の装置で、古い家の物置などに放置されているものをオークションで手に入れて、リストアして使う。サビや汚れを落としたり、磨いたり、自分でリストアするところも醍醐味のうちらしい。
パスタマシンに比べて遥かに頑丈で使いやすく、なによりレトロな外観がぐっとくる。数年前から面白そうなことをやってるなと思っていたが、今では同好の士のための専門誌もあるらしい。

電鍵
さらに流行るかもしれないと思っているのが、謄写版(ガリ版)や和文タイプである。これは一度完全に廃れてから、ほどよく時間が経っていて、一周りして懐かしいし珍しい。何より腕に覚えのある人が、いまでもぞろぞろいるはずである。町内会の案内でもなんでも、ワラ半紙にガリ版刷りにしたら、読んですぐ処分できなくなる。若い人なら、和文タイプで履歴書や企画書を作って行ったら、成功確率が高くなるだろう。何しろ、企業のトップに近づくほど懐かしさを感じてくれるという、必殺アイテムなのだ。そのことで根掘り葉掘り聞かれるかもしれないが、そうなったらこっちのものだ。
私が密かに、これから流行るんじゃないかと思っているのが「電鍵」である。こう書いても分からない人がいるかもしれないが、古い映画などで通信手がモールス信号を打つために使うキーである。これは現代でも製造販売されているし、アマチュア無線免許の一つとして、局を開いて実際に通信することもできる。また、パソコンに専用ソフトをインストールすると、モールス信号の練習や、さらには同じソフトを入れてる者同士で通信もできるらしい。場所をとらなそうだし、何よりモールス信号を覚えていれば、豪華客船が遭難したり、悪漢に捕らえられて懐中電灯で助けを呼ぶときに便利である。

ガリ版も和文タイプも、製造中止になっていて、オークションでは気の毒なほどの安値で取引されている。ここでひとつ愛好会を作って、設立趣意書をワラ半紙を綴じてメディアに送り、動画サイトに使い方を上げておけば、取材の一度くらいは来そうな気がする。

3 thoughts on “大予想、ブーム予備軍

  • 6月 10, 2017 at 07:08
    Permalink

    これからは,電子機器よりもアナログ的なものが見直されるかも知れませんね。電気も使わず,燃料油も使わず,動力は人力や風力や水力のみですからね。幼い時には,周りにいっぱいありましたよ。足踏み式脱穀機,手回しの大きなフイゴウのようなモミ殻選別機,黄な粉や蕎麦をひく手回しの石臼,餅も杵と臼でつきましたね。玩具類は子供の自作でした。竹トンボも竹馬も,魚を捕るヤスも鉄炮ヤスも,引っ掛け針も,スズメを打ち落とすパチンコも,何でも手作りでした。隣の酒蔵の裏には米を突くための水車小屋がありました。電気や燃料油や機器に頼らない暮らしも体験する必要がありますね。

    Reply
    • 6月 10, 2017 at 07:43
      Permalink

      ガリ版カフェ「昭和出版」というのを考えてみました。レトロな店内で、お客がひたすら好きな文章をガリ切りして、ワラ半紙に刷って製本するだけの店です。ちょっと回転が悪いですかね。

      Reply
  • 6月 9, 2017 at 11:06
    Permalink

    憧れのサックスもさることながら最近始めたトランペットも,実は前歯に悪い楽器です。高音域を出す際に両腕の力で唇に硬い金属のマウスピースを押し付けるからです。今はできるだけ押し付けずに高音域が吹けるようにしようと考えていますが,実際には,なかなか思うようにはいきません。この楽器もアナログ的ですね。唇の振動音を増幅させるわけですから。アコースティック・ギターも手には入りましたが,難しいコードが多すぎて指が思うように動きませんから,なかなか上達しません。ブルース・ハープはやや慣れてきましたが,12本も揃えるわけにもいきませんからC,G,Amのみ使っています。邦文タイプは我が家ではカミさんが1級を持っていて,化粧品の販社で社長秘書をしていましたが,結婚して自宅で機械を買って商売していました。ワープロが出てきたと同時に廃れ,大型ゴミに出しました。文字盤もたくさんあって重かったのを覚えています。今ではPCで誰でもオペレータですから検定も全く意味がなくなりましたね。あれは大げさな機械でしたね。モールス信号はいいかもしれませんね。ネットに頼りすぎている現代は危険ですから,アナログな通信手段も必要になるのではないでしょうか。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です