映画「バトルシップ」と衝突事故

6月17日、伊豆半島沖で米イージス艦「USSフィッツジェラルド」とフィリピンのコンテナ船が衝突し、船と人に大きな被害が出た。これにより映画「バトルシップ(2012年アメリカ)」のTV放映が中止された。ということで、この作品を観ることにした。

ストーリーはこうだ。海上自衛隊と米海軍が、真珠湾で合同演習中に宇宙からの侵略者が出現し、イージス艦を次々破壊する。多くの艦を失い、生き残った日米2人の艦長は、記念碑として停泊させてある第二次大戦中の戦艦「ミズーリ」を、祝典に参加中の古参兵とともに動かし、敵宇宙船を破壊する。「真珠湾」「ミズーリ」といった、日米両国にとって大戦のシンボルが健康的に登場する作品だったが、前半では宇宙人の攻撃で、イージス艦があっけなくやられるシーンが印象的だった。衝突事故の写真を見ても、それと同じような意外なもろさを感じた。

さて、そもそも見晴らしの良い海の上で、相当大きな図体の船同士が避けられなかったのか、見てなかったのかと思うかもしれない。昔、小樽港内でお客さんのクルーザーを操縦させてもらった。免許者がいれば、操縦を代わっても良いのだと言う。波も穏やかな港内で、素人でもクルーザーを自由自在に操れたが、着岸は素人には任せられないという。
船は速度が遅くなると、どんなに舵を切っても方向が変わらない。その状態では、船体に比べてごく小さな舵をどう動かしたところで、何の影響もない。スピードが足りなければ岸に届かないし、出しすぎればどんなにゆっくりした速度でも、船の重量がかかっているので、岸と接触すれば船体がじわじわと押しつぶされる。逆に、舵を利かそうと速度を上げると、それだけ岸なり他の船に近づいてしまう。そんなことで、どう操船してもぶつかってしまう位置関係というのは、かなり離れた場所で決まってしまうのだ。

その時相手が肉眼でもレーダーでも見えにくい、ステルス性のある軍艦だったら。日本でも「あたご」が漁船と衝突事故を起こしている。さらにテロの心配もある。北の暴挙にさらされている今だからなおさら、文字通り盾となってくれるはずのイージス艦の弱さが気になった。

2 thoughts on “映画「バトルシップ」と衝突事故

  • 7月 11, 2017 at 05:48
    Permalink

    イージス艦って?レーダーに探知されないように,確か木材を多用しているんじゃあなかったですか?以前に,そんなことを聞いたような気がします。だから意外にもろいのではないでしょうか。ミサイル迎撃には強い味方も,タンカーや海賊には案外弱そうですね。

    Reply
    • 7月 11, 2017 at 08:00
      Permalink

      レーダーに探知されない形と塗料を使ってますが、船体は金属ですね。木材を使うのは、機雷を除去するための掃海艇という、ボートみたいなやつです。機雷の上を船が通ると、磁力で金属を感知して爆発するので、木材なのだとか。衝突は滅多にないことだとは思いますが、まさかコンテナ船にミサイル撃つわけにもいかないですしね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です