続々魂柱記

前回の続きだが、古いバイオリンから魂柱を取り出して、新品と並べてみた。

新品は古い魂柱に比べるとは随分と長いので、けっこう削らなければならない。太さも違うが、そちらはこのままで行こうと思う。長さについては、元のものよりやや長くし、中できっちり組み込まれるようにしようと思う。
左側の細長い傷は、専用の設置金具の先端を突き刺した跡だ。また、黒い糸が結んである。金具に突き刺し、狭いf字孔からそーっと内部に持ち込むのはなかなかやっかいで、すぐどこかに触って内部に落ちてしまう。逆さに振ってf字孔から落ちてくるのを待つのは面倒なので、こんな糸をつけたのだろう。本来やってはいけないことだろうが、気持ちはわかる。

魂柱を立てるには下のような器具の尖った方に刺し、そーっと中に入れて立て、器具の反対側の窪みで押したり引っ張ったりして望みの位置に据えるのだが、まず簡単には刺さらない。指すというより、なんとか付着しているという状態で、ちょっとでもどこかに触ったりだけで外れて胴体の中に取り残される。そうなると逆さにして、穴から落ちるように、中で転がすしかない。これを何度も繰り返すことになる。さすがに馬鹿馬鹿しいったらないので、今回は秘密兵器を作ることにした。(明日も見てね!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です