All The Things You Are / オール・ザ・シングス・ユー・アー

煙が目にしみる」と同じく、ジェローム・カーン(米1885~1945)の名曲。この曲を取り上げたプレイヤーは無数にいるが、今回はチャーリー・パーカーの演奏で。
学生のジャズ研などで、持ってる楽器に関わらず真っ先にやることが、チャーリー・パーカーの演奏を聞きまくり、演奏することである。
あまりジャズに詳しくない人でも、これを聞けばいかにも典型的なジャズだと思うだろう。日本人はジャズを実によく聴く国民で、たとえレコードを持っていなくても、CMやドラマ、飲食店などのBGMにジャズがかかっていても、ごく自然に受け入れる。ジャズらしいジャズ=モダンジャズは、チャーリー・パーカーがスタイルを作り上げた。Tpはマイルス・デイビスである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です