至上の愛

バイオリンの練習をはじめて、手頃な曲を探していくうちに、せっかく練習してうまくなっても、著作権に触れるものは人前で演奏できない(正確に言うと、いくらとられるか分からない)と分かった。そこで著作権の期限が切れた曲はないかと考えたのが、パブリックドメインを探したきっかけである。クラシックならいくらでもあるのだろうが、それが弾けるくらいなら世話はない。自分がすでに知っていて、なるべく弾きやすい曲をさがしていたのだが。

先日、ジョン・コルトレーンの没年が1967年だったことに気がついた。では、今年いっぱいで、彼の曲もパブリック・ドメインになるのか?そういえば私が聞き始めた頃には、すでに故人だった。

パブリック・ドメインには、細かなルールもあるらしいので、没後50年というだけで成立するかどうかちょっと怪しいし、いくらなんでもコルトレーンのマネをしたいとは思わないが。

2 thoughts on “至上の愛

  • 10月 30, 2017 at 17:01
    Permalink

    格安トランペットを入手して早6ヵ月過ぎましたが,相変わらず第一ピストンと第三ピストンの不具合は治りません。今朝も郊外に行ったついでに取り出して指を当てると,この二本が上がってきません。仕方なく無理やり上げて,またシリンダーに潤滑油をたらし何度も動かしてようやく動き始めたところでネットで入手した楽譜で練習してみました。が,何と音符の読み方と言うか,記号を忘れていたり,♯♭の指使いを忘れていました。慌てて教本を出して確かめました。何とか音が出るようにはなったものの楽曲の練習に楽譜を入手しょうと検索すると全部有料ですね。それほど高くはありませんが,楽譜本を買った方がよいのか?ネットで一曲ずつ買った方がよいのか?迷います。このような楽譜で演奏(練習)しても著作権は発生するのでしょうか。

    Reply
    • 10月 30, 2017 at 17:22
      Permalink

      ネットで楽譜を買おうが、楽譜無しで覚えてしまおうが、権利のある曲を人前で演奏すると使用料がかかってくるのだと思います。楽譜を買うだけならOK、コピーして配ったり公開すると出版的にアウト、練習するだけならOKと、何だか筋が通らない感じがしますね。
      私は、ちょっと試しに弾いてみるだけなら、ネット上で楽譜を見ることにしています。パブリックドメイン名曲集のページには、演奏動画や楽譜の一覧表を作ってみました。星印をクリックすると、その曲の楽譜の一覧が出ます。でも、これをダウンロードしてプリントアウトするとアウトなのかな?売ったらアウトでしょうけど、その辺の線引がよくわかりませんね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です