大きな古時計

アメリカの作曲家、ヘンリー・クレイ・ワーク(Henry Clay Work, 1832-1884)の作品。もっぱら童謡、唱歌の扱いで、youtubeでも子どものピアノの練習風景などの動画が多いが、数年前平井堅が歌ってヒットしたこともある。
こういう音楽をカントリー・ウェスタンというのか、ブルーグラスというのかわからない。最近聴く機会がなかったが、イヤ味のない良い音楽だと思う。


「おじいさんの時計=グランドファーザクロック」という時計がある。2メートル前後の縦長で、上に文字盤があり、その下の箱には、約1メートルの振り子がゆれている。たいてい風格のある彫刻が施されていて、お金持ちの調度品という感じだが、もともとはロングケース・クロック、トール・クロック、フロア・クロックと言った。当時はもっとも正確な時計として、学校や役所などの公共の場にも置かれていた。この曲が流行ってから、おじいさんの時計と呼ばれるようになったという。

2 thoughts on “大きな古時計

  • 2月 25, 2018 at 08:32
    Permalink

    バンジョーが入って、カントリー風になると別の曲に聞こえますね。

    Reply
    • 2月 25, 2018 at 11:11
      Permalink

      ギタリストが、ミュージシャンというより作業に没頭してる職人のようです。客席を見ようとしないからですかね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です