バイオリンと指使い

バイオリンの運指=指使いは、なかなか難しい。どの音をどの指で押さえるか決まっているわけではなく、メロディの流れしだいで、やりやすい場合ととやりにくい場合ができる。まずいやりかただと、指がこんがらがる。
だが、それを自分で考えるのが楽しい。好きな曲を適当に選んで、動画や楽譜を探して、まずは原曲通りの調で弾いてみる。楽なものもあるが、指がこんがらがるのも多い。そこで、DやAやGなど、開放弦の調律に変調すると、指使いが楽になることがある。というか、「覚え」で適当に弾いてると、なんとなくずれていって、そのあたりに落ち着く。曲の中で開放弦を使えると、そこで指使いを「一休み」できるのがありがたい。
さらに慣れてくると、敢えて開放弦を鳴らさず、ひとつ下の弦の高い位置で押さえたほうが良い場合があることに気がつく。真ん中あたりで指を動かしている場合は、動かし方のつながりが楽になる。開放弦はコントロールできない音なので、ビブラートをかけたい場合などは、下の弦を使わざるを得ない。また、開放弦を使わなければ、全体的に高い位置で同じ指使いをするだけで、違う調に移調できる。

また、つながった音符では、ひとつひとつきちんと指を動かさずに、ちょろっとズラしたりしてしまう。そうすると指使いが一段と楽になることがある。ジャズのサックスなどは、音をひとつひとつタンギングせずにつなげて演奏して、ブルージーな雰囲気を出すことが多いが、こうするとバイオリンでも同じような効果が出る。(出たと、信じている)

クラシックの練習曲は運指の定石が決まっていて、先生につくと教えてくれるのだろうが、多分最初はそれすらも難しいだろう。決まり事ができなくてヘコむより、居直ってデタラメな指使いで試行錯誤して、するっとできるやりかたを見つけて、これだ!と自分で発見したほうが楽しい。身体に覚え込ませるだけより、自分で気づきがあったほうが、忘れにくい。

ちゃんと演奏できる人からすれば、弦楽器なんだから当たり前のことや、やっちゃいけない悪いクセを得意になって書いてるだけなんだろうが、楽しいものは楽しい。

10 thoughts on “バイオリンと指使い

  • 3月 22, 2018 at 06:02
    Permalink

    僕が入手した格安トランペットと全く同型をYOUTUBEの先生が二人も試しに買って?吹いて見せてくれました。若干、音の円みや響きは不満のようでしたが、さすがにプロだけあって、難なくこなしていました。僕のそのトランペットも以前に比べ、ピストンバルブが動くようになって、やる気が出てきました。島村楽器の或る店のウエブサイトでYAMAHAと自社オリジナルともう一社とアメリカ製のBACHの4本のトランペットを吹き比べて見せてくれていましたが、YAMAHAは音程が正確ですが、やはりBACHの音が一番でした。BACHにも廉価版もあって外観の違いは第一抜き差し管の支柱の数で判ります。廉価版は1本、上級版は2本です。ベルの金属の取り方が、一枚とか二枚取りの違いで音の響きも違うようです。余りにも高価なので暫くはお預けしておいて、今のもので練習して腕を?指を?磨くことに決めました。YOUTUBEでは毎日30分以上練習をと言っていますが、大きな音ですから、どこでも吹けず、せいぜい週一で郊外練習ですが、これから一年ほどでちゃんと吹けるように努力するつもりです。

    Reply
    • 3月 22, 2018 at 07:48
      Permalink

      一番ほしいのは楽器じゃなくて腕前なんですよね。お客が欲しいのはドリルじゃなくて穴だ、というマーケの話にも通じます。ただ、せっかくがんばる以上おかしなものをつかんで、足を引っ張られたくないというところですが、YOUTUBEで2人もチェックしてたなら、悪くないということでしょう。全くyoutubeはありがたいですね。

      Reply
  • 3月 21, 2018 at 14:10
    Permalink

    昔、これがあれば、もっと簡単に苦労しないで練習してマスターできたのにと、悔やんでいます。でも有名なミュージシャンやプレイヤーたちも苦労したのでしょうから、最終的には体で覚えないといけないのでしょうね。イメージ通りに勝手に指が動くまでに成りたいですね。今日は仕事しながらFMノースウエーブでトランペットやギターやキーボードのセッションを聞きましたが、ほとんどぶっつけ本番だと言っていましたが信じられないです。

    Reply
    • 3月 21, 2018 at 18:57
      Permalink

      昔これがあったら、私はプロになろうとして道を誤ったかもしれません。むしろ今の若い人に是非見てほしいです。ローンでいいから楽器を買ってyoutubeで勉強すれば、普段はサラリーマンで実はサックスバリバリ、ピアノガンガン。これは非婚化もへったくれもなく、モテまくるでしょう。少子化問題も解決だと思いますね。

      Reply
  • 3月 21, 2018 at 08:21
    Permalink

    YOUTUBEは有難いですね。最近の練習はほとんどこれにしています。自分勝手にやると、どうしても先を急いで出来もしないハイトーンにチャレンジしたりして悪い癖がつきますね。その点、段階的に判りやすく教えてくれますから非常に役に立っています。それにi Phoneさえあればチューニングも出来ますからね。目指すところは綺麗にダブル・ハイトーンが吹けるまでですが、道のりはまだまだ遠いい様です。

    Reply
    • 3月 21, 2018 at 12:15
      Permalink

      昔のことを思うと、信じられないくらいですね。ひとつ動画を見つけると、芋づるで有意義な情報が見つかるので、過去半世紀以上の音楽知識より、楽器を買ってyoutubeを見始めたここ数年の情報のほうが、遥かに多いです。しかもまだ見尽くしてないので、まさに宝の山ですね。

      Reply
  • 3月 19, 2018 at 15:19
    Permalink

    葉加瀬太郎は母校の超高級な輸入ピアノSTEINWAY&SONSの鍵盤に腰かけたりしてふざけて壊したらしいです。出禁になっていたので謝罪に行ったのですが、学部長も変わっていて、そのような申し渡しが無かったらしいです。藪蛇で学部長から「新しいのをぜひ寄付してください」なんて言われてました。ピアノはお尻で引くものではありませんね。

    Reply
  • 3月 19, 2018 at 00:47
    Permalink

    高嶋ちさ子氏、葉加瀬太郎氏、古澤巌氏など桐朋学園出身のバイオリニストが学園を訪問して学生たちの前でセッションする番組をつい先日見ました。古澤巌氏は或る演奏会で自前の弓を忘れてチェロ奏者の予備の弓を借りて演奏した事がきっかけで今でもそうしているようでした。何でも太い音が出るとの事でした。バイオリンもいいですね。僕にはトランペットの三本指くらいしか、とてもムリですね。

    Reply
    • 3月 19, 2018 at 08:23
      Permalink

      いいものを見ましたね。音については、本体より弓のほうが影響が大きいらしいです。今度ビオラの弓で試してみますよ。バルブが4本あるトランペット系の楽器って、なかったでしたか?左手でしっかりつかめば、やってやれないことはなさそうですが。サックスは9本、ピアノは10本ですが、山下洋輔は頭突きも使うので11本ですね。

      Reply
      • 3月 19, 2018 at 08:25
        Permalink

        いいものを見ましたね。音については、本体より弓のほうが影響が大きいらしいです。今度ビオラの弓で試してみますよ。バルブが4本あるトランペット系の楽器って、なかったでしたか?左手でしっかりつかめば、やってやれないことはなさそうですが。サックスは9本、ピアノは10本ですが、山下洋輔は頭突きも使うので11本ですね。

        Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です