アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み

昨日はエイプリルフール。今日、2日早々に新しい記事をアップしないと、いつまでもおふざけ記事がトップになってしまう。

さて、昨日はさまざまなサイトがジョーク記事で飾られた。日曜だったこともあり、それらを楽しく見て回ったが、NEWSWEEK日本版に、衝撃的な記事があった。

アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み

エイプリルフールとはいえ、まさか天下のNEWSWEEKがジョークではないと思うが、ちょっと信じられない気もする。要するに自分は「間に合った」と思ってもいいのだろうか?一般的に新薬は開発から認可まで時間がかかるらしいが、間違いなくこれは認可が早いだろう。なぜならご高齢の政治家がせっつくからだ。
かつてバイアグラがそうだった。心臓病の権威に依頼して特急でデータをとりまとめさせ、待ち構えていたお役所が、電光石火の早業で認可した。これで多くのご高齢の政治家先生が「間に合った」ものと思われる。もっともそういう熱意に満ちた方々には、デンプンを固めた偽薬でも「効いた」とは思うが。

もっともらしいが、これはウソ広告らしい

7 thoughts on “アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み

  • 4月 3, 2018 at 13:02
    Permalink

    ビール好きの友人は病気です。病名は、アル中ハイマーでした。

    Reply
    • 4月 3, 2018 at 16:14
      Permalink

      「アル中ハイマー」は、是非流行らせたいですね。

      Reply
  • 4月 3, 2018 at 12:38
    Permalink

    今日も、友人に缶ビールを差し入れする事になっています。アルミ缶のサッポロ黒ラベルです。これで安心して飲ませられます。が、しかしビール飲みって、どうしてあんなに飲みたがるのでしょうね。お腹も出っ張ってダイエットしなきゃあ、と言いつつもやめられないようですね。いくら飲んでも結果は尿にしか成りませんよね。

    Reply
  • 4月 3, 2018 at 09:56
    Permalink

    以前、どこかで聞いたのですが、アルツハイマーの脳にはアルミ物質が関係していると。そういえばビール大好きなカメラマンの人が今、アルツハイマーで、施設に入っています。彼は缶ビールを相当飲んでいました。それが本当なら缶ジュースや、アルミのヤカンや、鍋も、オタマも、食器も、タンブラーや、水筒も危ない事になりますね。身近には相当数のアルミ製品がありますが、果たしてアルツハイマーとの関連性はあるのでしょうか。実際に深い関係があるのなら国も製造禁止や出荷禁止にしそうですが、現実は缶ビールもすべてのアルミ製品もあふれていますね。

    Reply
    • 4月 3, 2018 at 11:44
      Permalink

      アルミニウム説は否定されているようですね。https://www.aluminum.or.jp/aluminum-hc/p_3/p3_main.htmlもともと戦後すぐに、学者ではない人が言いだしたものらしいです。仮に関係があったとしても、この薬があれば大丈夫。3年後の前祝いに今からアルミ缶ビールをじゃんじゃん飲んで、3年後には薬のことも忘れて、ますます飲もう...なんて、飲みもしないくせに、豪快なことを考えてみました。

      Reply
  • 4月 2, 2018 at 06:20
    Permalink

    エイプリールフールも無事終わって、安心できる日常が戻りましたね。昨日はニュースは見ないようにしました。信頼できないですからね。でも、これを悪用されたら大変な事態になるかも?とも考えました。トラトラトラでは無いですが?。認知症治療薬の研究がそこまで進んでいたとは知りませんでした。予防薬なども有ればいいですね。65歳に成ったら、インフルエンザの予防ワクチンを注射みたいに。

    Reply
    • 4月 2, 2018 at 12:08
      Permalink

      最近はガンのひとも普通に退院してくるし、脳溢血も血栓を一発で溶かす薬を救急車に積むとか言ってますから、アルツハイマーも夢ではないのでしょう。ワクチンは10年以内と言ってるので、少なくとも若い世代にとっては、天然痘のような過去の病気になるかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です