便利かもしれない、win10仮想デスクトップ機能

たとえばPCで何かの作業をしている最中に、急に別な作業をしなくてはならなくなった時、作業中の画面を一瞬でまっさらのデスクトップにして新しい作業を行い、終わったら先程まで行っていた画面を一瞬で再現する、というような使い方をするのが、仮想デスクトップだ。MACにはもともとあった機能らしいが、WIN10で使えるようになった。

使い方は簡単で「ctrl」「ウィンドウズボタン」「D」を同時に押す。これでまっさらのデスクトップ画面になる。元の画面を確認したり、切り替えるには、個人的に「仏壇」と呼んでいる「タスクビュー」アイコンをクリックする。この時、下部にすべてのデスクトップ画面のサムネイルが並ぶので、クリックして移ったり、不要なデスクトップを削除できる。

なお、切り替わるのは画面だけで、片方の画面で音楽を流している場合には、デスクトップを切り替えても聞こえ続けるし、タイマーなどもどちらのデスクトップででも鳴るようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です