Parker Solar Probe 発射準備完了

NASAのParker Solar Probeは、発射台へ向かう前のクリーンルームでの最終手続きを済ませました。ロケットの運搬車両で、ユナイテッド・アロケーション・デルタIVヘビー発射台に設置されます。

2018年7月11日、この宇宙船は持ち上げられ、Northrop GrummanのStar 48BVという第3段階のロケットモーターに接続されました。Parker Solar Probeは、最大の運用打ち上げ用車両であるデルタIVヘビーを使用するほか、第3ステージのロケットを使用して、火星に到達するよりも55倍も多くのエネルギーをかけて、太陽に到達するのに必要な速度を得ます。

7月16日、宇宙船はフロリダ州タイタスビルのアストロテック宇宙事業から、ケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37への移行の準備として、デルタⅣヘビーロケットに据え付けられるために、62.7フィートのフェアリング内に封入されました。Parker Solar Probeの打ち上げは、2018年8月11日を目標としています。

ジョンホプキンス大学応用物理研究室 ジェフ・ブラウン

元記事と写真はこちら

2 thoughts on “Parker Solar Probe 発射準備完了

  • 8月 1, 2018 at 13:21
    Permalink

    これって?例の真鍮製の記念プレートを搭載する宇宙ロケットでしたか。

    Reply
    • 8月 1, 2018 at 15:02
      Permalink

      希望者の名前のデータをメモリに書き込んで運ぶらしいです。100万人分以上になったとか。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です