Parker Solar probe 打ち上げ延期

今日予定されていた打ち上げは、明日の午前3時31分に延期された。(日本時間 12日午前3時31分)。打ち上げの模様はライブ配信されていたが、発射4分前でカウントダウンがストップした。
液体酸素はタンクに閉じ込めても隙間などから漏れていく。そこで、ロケットでは、発射4分ほど前に必要な圧力まで液体酸素を詰め込む。そうするとロケットの隙間から液体酸素が漏れ出し、白煙が出始める。今回の打ち上げでも、ロケットの機体から白煙が出始めたので、もうすぐかと思ったが、延期になってしまった。

※この調子でNASAの発表を追いかけていくのは大変かもしれない。楽しいけど。

4 thoughts on “Parker Solar probe 打ち上げ延期

  • 8月 14, 2018 at 11:47
    Permalink

    昔、後楽園で体験した遠心力で壁に張り付き床が落ちる状態の遊具の中心に行くには相当なGを振り切らなければ不可能ですね。もし振り切れたとしても落下すればお終いですから遠心力と重力の両方に勝たなければいけない事になりますね。

    Reply
  • 8月 14, 2018 at 00:52
    Permalink

    打ち上げ成功おめでとうございます。時差にもなかなか慣れませんから残念でしたが、とにかく目的通りに太陽に向かっている訳ですね。

    Reply
    • 8月 14, 2018 at 08:46
      Permalink

      これからが長いですね。地球から太陽に向かうのは案外大変なことのようで、人でもロケットでも、地球ごと太陽の周りを回っていると普段から膨大な遠心力がかかっているので、それを振り切って中心を目指すには、特大のロケットと史上最高のスピードが必要だそうです。遊園地の、壁に張り付いて振り回されるアトラクションで、むりやり真ん中に歩こうとするようなものかもしれません。

      Reply
  • 8月 12, 2018 at 17:23
    Permalink

    12日、午後4時31分、Parker Solar Probeは無事打ち上げ成功。正直に言うと、打ち上げを見逃してしまった。これはアメリカ東部時間の換算を間違ったから。ちょっと残念だけど、私の名前を記録した宇宙船は、着実に太陽に向かっている。NASAのブログは、ロケット切り離しなど、多くの情報を公開しているが、訳が大変なので、今回はここまで。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です