My Foolish Heart

ヴィクター・ヤング(1900-1956)の名曲。youtubeでは、有名なビル・エヴァンスの動画が多い中、なんと札幌が生んだジャズメン、福居 良トリオの演奏を見つけた。福居良(p)、伝法論(b)、福居 良則(ds)の三人は、私の若い頃はいわば雲の上の人だったが、仕事についてライブなども縁遠くなってからも、街なかで時折ライブのポスターを見かけ、いつまでも活躍していたのは知っていた。メンバーの伝法氏が2002年、福居氏も2016年に亡くなっていた。

さて、こちらは同じく札幌が生んだジャズメン、寺久保エレナによる、同じくMy Foolish Heartである。1992年生まれというから、福居良とは44歳差だ。9歳からサックスを始め、高校2年にバークレー音楽院のワークショップに参加。高3でCDデビュー。卒業後は日本人初の学費免除特待生としてバークレーに入学。その後も世界を舞台に、コンサート、CDなど幅広く活躍している。
さすがにジャズメンとしての器の違いを感じてしまうが、かつての札幌のジャズシーンが、こういう大物が生まれる母胎になったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です