サイレントパニック

北海道大停電に見舞われ、ほとんどの道民が闇の中で眠れない夜を過ごした。まだ復旧していない場所もあるので恐縮だが、自分の家は電気が復旧し、いつもと変わらない日々が始まったはずだったのだが、自分もそうだが周囲の人も、なんだか物忘れをしたり無気力に時間を過ごすことがあるという。建物が崩壊したわけでもなく、水も食料もそれなりにあってほんの数日我慢すればいいという被災としてはごく軽微なものだったにもかかわらず、精神にはなにがしかの影響を与えていたらしい。

あわてて何かをやらかしたり泣きわめいたりするわけではなく、むしろ普段以上に静かにじっとしていたのだが、周囲の変化に頭がついていけない、静かなパニックが起こっていたのではないかと思う。また、そんな風に感覚が鈍っていてくれないと、余震が来るたびに身構えていてはストレスでおかしくなってりまっただろう。その感覚の鈍った状態が、今でも少し続いているのだと思う。

それなら、ということでバナナを食べようと思う。アメリカの特殊部隊では、戦闘から戻ってくるとバナナを食べ、眠くなくても寝かされる。いつ敵がおそってくるかという緊張感と肉体疲労によるストレスには、バナナの成分が有効なのだそうだ。

2 thoughts on “サイレントパニック

  • 9月 9, 2018 at 14:19
    Permalink

    我家の悪ガキ達が、すっかりおとなしくなりました。しかし、電気が点くと元の木阿弥。ですから最新入手情報を流します。昨日は出がけに、自衛隊が調査したら、大きな亀裂が見つかり、6時間以内に大きな揺れが来ると。その通りに震度4の余震がありフェークでは無かったとすっかり頼りにされましたが、実は自衛隊関係情報の伝言ゲームで亀裂ではなく地鳴りがするので必ず大きな揺れが来ると言うことだったようです。

    Reply
    • 9月 9, 2018 at 19:48
      Permalink

      自衛隊もチェックしてるんですね。怖かったのかもしれませんが、子供時代に一度くらい停電を経験するのもいいかもしれませんね。そういえば、ワインショップはあれだけ揺れて、割れたのはたった2本だったそうです。高いものもあるので、沢山割れると店を続けられなくなるところだったと喜んでました。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です