Parker Solar Probeの飛行予定図

Parker Solar Probeは、2025年までの間に何度も太陽に接近してその情報を送信する。

http://parkersolarprobe.jhuapl.edu/The-Mission/index.php#Where-Is-PSP

最初の図は太陽系で、一番外側の白い円は地球の軌道、次の円は金星、一番小さい円は水星の軌道で、真ん中の黄色い点が太陽である。赤い楕円はParker Solar Probeのこれからの軌道で、今までの軌道が緑色の線で表されている。地球から離れてまもなく金星に接近し、その重力で速度を落として太陽に近づく軌道に乗る。

2番目の図は、Parker Solar Probeの太陽からの距離の変化を示したもので、発射から2500日後までの間に24回、年に3回程度太陽に接近する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です