有料コンテンツ利用料金請求事件「最終通告書」/有料コンテンツ未納回収カスタマーセンター

また、随分と居丈高な詐欺メールである。このところ毎日来ているので、おそらくあちこちで心配している人もいるだろう。今回の詐欺ポイントは、覚えのない方は抹消手続きができると言って連絡させる点。また、超有名企業名を羅列していて、かえって現実味が無くなってる。最下段に、「反社会勢力排除宣言」があるのも念が入ってる。この場合は、自らの潔白性を言いたいのではなく、「反社会」だの「暴力」だのという単語が、読んだ人を不安にさせる効果を狙っている。ちなみに、こういうメールは開けてみないに限る。気になるだろうが、登山隊が途中で登頂を諦めるような、逆の勇気を持ってほしい。

お客さまには、『***有料動画サービス』の利用代金をお支払いいただく義務があります。
弊社の再三にわたる催告にもかかわらず、長期間、一向にお支払いが確認できません。

大至急、請求金額のご入金、または下記照会先へのご連絡を通告します。
今後もお支払いが確認できない場合、資産の差押、返還請求訴訟等のあらゆる法的措置等を断行します。
——————————
◆現在アカウント停止中◆
ID:【10647781】
未納金:【432,000円】
遅延損害金:【21,600円】年利5%
合計ご請求額:【453,600円】
支払期限:本通知閲覧後24時間以内
(2018年05月30日現在)
——————————
お支払い希望の場合[支払希望]と本通知に記載しご連絡下さい。

■【ご請求に見覚えがない場合】■

(有料動画サイト)に登録をしてない、登録した記憶がない、有料動画の視聴の記憶がない、その他間違いである場合、登録情報の照合を行い本人確認完了後、登録情報の抹消手続きが可能です。
登録情報抹消後、遅延損害金を含む未納金【453,600円】の債務が消滅し、以後ご請求等は一切ございませんのでご安心下さい。 ご請求の取消、登録情報抹消を希望する場合、本通知に【アカウント削除申請】と記載し、ご連絡下さい。

申請期限:【本通知閲覧後24時間以内】
申請方法:【アカウント削除申請】と本通知に記載し、ご連絡下さい。

申請後、24時間以内に弊社からの折り返しの連絡がない場合は、再度申請して頂けますようお願いします。
対応されない場合、資産の差押、返還請求訴訟等のあらゆる法的措置等を断行します。

【ご注意】
現在アカウントが凍結されており、サービスのご利用はできません。
お支払いの確認できない場合には、預貯金等の差押え、並びに所有されてる口座の凍結手続きを行います。
口座凍結後も、法的措置等の発する効力に変更はありません。
ご利用明細およびご利用金額は利用規約第七条六項に基づき、裁判所の開示請求並びに当社が適当と判断した場合のみ開示致します。

※本メールと行き違いに既にご相談をされている場合は、ご容赦願います。
※内容に関するご質問は、本メールへ直接ご連絡下さい。

–会社概要–

※省略

商品の価格

※省略

主要取引先

※有名企業がずらり

(順不同)

【反社会的勢力排除宣言】
株式会社***サービスは、反社会的経済活動により利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止し、組織的に反社会的勢力を排除するため、次の基本方針を宣言します。

1.私たちは、反社会的勢力とは、一切の関係を遮断します。
2.私たちは、反社会的勢力とは、商品及びサービスの提供その他一切の取引を行いません。
3.私たちは、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。
4.私たちは、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然とした態度および法的対応を行います。
5.私たちは、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。

・お問い合わせ先
24時間メールにて対応
電話でのお問い合わせは、対応しかねます。

3 thoughts on “有料コンテンツ利用料金請求事件「最終通告書」/有料コンテンツ未納回収カスタマーセンター

  • 11月 19, 2018 at 14:27
    Permalink

    目的は、不安になって問い合わせする人。または、逆ギレして、つい相手をしてしまう人をターゲットにすることなのでしょうね。脅しの手口は、一般になじみのない小難しい専門用語を多用することで不安をあおるのでしょう。でも、ブログで紹介されてしまえば、法律の専門家も居る訳で、「あり得ない」と、すぐにバレてしまいますね。

    Reply
  • 11月 19, 2018 at 00:27
    Permalink

    法外な請求ですね。差し押さえだの銀行口座凍結だの、一業者が勝手に出来る訳ないですね。こんな事ばかり考えている人たちが多くなったと言う事ですね。

    Reply
    • 11月 19, 2018 at 07:29
      Permalink

      詐欺メールは、本ブログの人気シリーズになってしまいましたよ。もっと楽しいことだけ書いていたいんですけどね。不安になって検索したとか、開けなかったけれど中身が気になるとか、気持ちはわかりますからね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です