Parker Solar Probe 太陽に最初の最接近

Parker Solar Probeは、10月31日から11月6日の間に、太陽から1500万マイルというこれまでで最も近い地点に到達した。この地点に到達するための自力の軌道修正は1回だけで済んだという。宇宙船は太陽のデータを観測後、大きな楕円軌道に乗って一旦地球軌道近くまで戻り、来年、さらに太陽に近い地点を目指す。現在は地球から見て太陽の裏側にいるため、宇宙船からの観測データは届いていない。

Parker Solar Probe Reports First Telemetry, Acquisition of Science Data Since Perihelion

One thought on “Parker Solar Probe 太陽に最初の最接近

  • 11月 29, 2018 at 17:48
    Permalink

    もう既に観測活動開始ですか?太陽付近までの道のりは相当あると思いましたが早いですね。今後は今まで知られていなかった太陽の謎が解き明かされるのでしょうか。これに比べれば、月旅行に行きますと宣言していた若社長の夢も意外に近いのでしょうね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です