新元号元年 元旦

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお引き立ての程、御願い申し上げます。

新元号元年

さて、今年は改元が行われる、誠におめでたい年だが、新しい元号は5月1日からなので元年に元旦がない。よく考えてみると、平成は1月8日から、昭和は12月25日から、大正は7月30日からなので、どの元号でも、元年に元旦がなかったことになる。
これは一大事ではないかと思い、せめて自分だけは新元号で元旦を祝うことにした。新元号が何か、今の段階ではわかってないが、大した問題ではないだろう。これまでの改元では、天皇崩御に伴うものだっただけに、先取りして元旦を祝うなどとんでもない不敬であったが。

ちなみに明治は9月8日に改元したが、「慶應四年を以って明治元年とする」というお達しがあったので、慶應4年の元旦が明治元年の元旦である。

5 thoughts on “新元号元年 元旦

  • 1月 2, 2019 at 07:03
    Permalink

    なにげに「趣味は?」と聞かれて、とっさに「仕事です!」と答えて爆笑された事は何度もありますが、そうですね。趣味ばかりしていると思えば別に苦になりませんね。では?本来の趣味が仕事となれば?趣味の方が難しくて大変な訳で?丁度私にも当てはまりますね。納得です。

    Reply
  • 1月 1, 2019 at 20:04
    Permalink

    クライアントの今年の営業カレンダーを昨年末に作成のため下版したのですが、その後手直しして再下版しました。

    Reply
    • 1月 1, 2019 at 21:30
      Permalink

      「昔の少年」がどういう人かと聞かれたら、仕事が趣味ということですから、「趣味に生きる人で、頭の中はいつも趣味のことでいっぱいな人」と答えざるを得ませんね。

      Reply
  • 1月 1, 2019 at 09:06
    Permalink

    明けましておめでとうございます。新元号も、どうやら混乱を避けるために前倒しで4月初めに発表されるようですね。また祝日が増え仕事が趣味の私は困惑しています。

    Reply
    • 1月 1, 2019 at 11:55
      Permalink

      明けましておめでとう御座います。新天皇の誕生日は2月23日だそうですね。また、去年までのカレンダーは12月23日が天皇誕生日でしたが、今年は何も書いてないようです。そのへんはどうなるんでしょうね。いろいろややこしいですが、それだけ趣味に打ち込める時間が増えますね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です