サターン5型ロケットのマニュアル

往年の宇宙少年の諸君、お待たせしました、宇宙スケールのお年玉である。NASAの誇る世界最大のロケット、あのアポロ計画でも使用されたサターン5型ロケットのマニュアルが公開された。みんなもぜひ、以下からダウンロードして欲しい。

https://history.nasa.gov/afj/ap12fj/pdf/a12_sa507-flightmanual.pdf

今の人たちとちがって、我々の若い頃は人間が月に行くことが当たり前のように行われていた。
「おや、今度はアラン・シェパードが船長かい?バズ(オルドリン)にも、一度月面に立たせてやりたいねえ」
というような会話が、普通にかわされていたものである。
それを可能にしたのが、サターン5型ロケットである。全長110.6m、総重量2,721t、低軌道に118tの人工衛星を打ち上げる力を持つ。サターンの前にサターンなく、サターンの後にサターンなしとまで言われた、人類史上最大のロケットだ。高齢者が、「最近のロケットはみみっちくていけねえや」などと嘆くのは、こういうのを見てきたからである。

年をとってよかったなと思うのは、子供時代の夢のまた夢みたいなものが、こんな風に手に入ってしまうことだ。冷戦下の当時なら、これを目にできるのはエリートの中のエリート、トップレベルの機密に接触できる限られた者だけ。大統領だって、見られなかったかもしれない。そして、この一冊のために、東西両陣営の諜報機関が、虚々実々、血で血を洗う謀略を繰り広げていたに違いない。
ダウンロードしたからと言って、日常生活の役には立たないだろうが、それを言えば会社の業務マニュアルも似たようなものだ。上層部の皮算用が詰まっているものより、人類の夢と叡智と根性が詰まってるマニュアルのほうがずっとありがたみがある。

4 thoughts on “サターン5型ロケットのマニュアル

  • 1月 4, 2019 at 07:41
    Permalink

    最初はURLをコピペ検索でYahooで開かず、クロームで開くと表紙だけでしたが、何と再度Yahooで試そうとURLをクリックだけで、いきなり表紙以下全部開いて見れました。マックからですが?何でしょうね。

    Reply
    • 1月 4, 2019 at 07:54
      Permalink

      macのクセでしょうかね。最近はどこも回線が遅いので、大きめなファイルは開きづらくなってるかもしれませんが。マニュアルですから、これを見てロケットが作れるわけじゃないので、公開してるんでしょう。楽譜みたいなものでしょう。見ただけで超絶技巧が弾けるわけはないですからね。でも、表紙に月のついたマニュアルを渡されたスタッフは、気合が入ったでしょうね。

      Reply
  • 1月 4, 2019 at 07:33
    Permalink

    URLで開くと表紙だけが出てきました。マックですが、右上のダウンロードボタンを押したら少し時間はかかりましたがPDFをダウンロードできました。開いて見ましたが英文がぎっしりで、図面程度しか理解できそうにありませんが、これは原本のコピーなんですね。過去のものとは言え実際には国家機密露えいになるシロモノなんじゃあないですかね。今や「時代遅れ」と、大丈夫なんですかね。

    Reply
  • 1月 4, 2019 at 05:53
    Permalink

    なぜか?開かず?見れませんでした。向こうで止められた可能性は?

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です