李子柒 麻婆豆腐

当サイトで、なぜか来場者の多い李子柒シリーズ。畑に行くシーンから始まったのでもしやと思っていたら、大豆を豆腐にする所から始まった。枝豆状態の大豆を収穫していたが、畑で乾燥する前に生で使うということなのだろう。出来上がったのは、なかなかお目にかかれないほど硬い豆腐だ。
このシリーズは不思議なところがあって、伝統的な中国の生活文化を紹介しているのだが、いつも出てくる家の立地がよくわからない。麻婆豆腐が出たからと言って四川省というわけではなく、山西省の手伸ばし麺を作ったりする。画面の隅に花や果実のなった枝が映ることが多いが、それも旬や産地がバラバラな感じがする。そういうものにとらわれない、オール中国の桃源郷をイメージしたのだろうか。

ネットを調べると、タイトルはリーズーチーと読むらしい。「染」のように見えた文字は「七」だそうだ。「李子柒」という人名だと思う。四川省の田舎に祖母と暮らす女性という設定だそうだ。田舎暮らしのスキルが身についているが、他の動画を見ると故宮博物院の一室で、研究者と薬膳について話し合ったり、都市部にある自室でこの動画を編集していたりと、おそろくべき多芸多才ぶりである。特に作業する手付きが堂に入ってるので、吹き替えかとも思って目を凝らすのだが、本人が演じている部分も多く、見分けがつかない。視聴数は膨大だが、わずか5分ほどの、スポンサータイアップのしようもない内容にここまでの手をかけて、どうやってペイしているのか不思議でならない。

4 thoughts on “李子柒 麻婆豆腐

  • 1月 8, 2019 at 10:05
    Permalink

    今年の秋には、枝豆狩りに行って豆腐作りに挑戦してみたくなりました。ニガリさえ手に入ればできそうですね。田舎には石臼もありましたが、代用品はミキサーですかね。僕は絹が好きですが、絹豆腐は本当に絹の布を使うのでしょうか?手作り豆腐で湯豆腐なんてオツですね。アウトドアでもできそうですね。

    Reply
    • 1月 8, 2019 at 13:55
      Permalink

      もともと絹で濾すか木綿で濾すかの違いではなく、工業的には凝固剤が違うはずです。もっとも工業的と言ったら、今ではどちらも本ニガリなんて使ってないかもしれませんね。

      Reply
  • 1月 8, 2019 at 06:33
    Permalink

    去年の秋に長沼の農家へ枝豆をとりに行きましたが、時期が少し遅かったために豆の葉も殻もやや黄色くなっていました。家でゆでて食べましたが、少し固めですが美味しかったです。この動画では刈り取ってすぐに殻から豆を取り出していますが、青い殻では取り出しにくいはずです。よく見るとやや黄色みの殻でしたので納得しました。豆腐の作り方は意外と自分にもできそうで参考になりました。

    Reply
    • 1月 8, 2019 at 08:11
      Permalink

      豆腐作りは、子供が小さいときにやってみせたことがあります。今ならニガリもアマゾンでてにはいりますから、いい経験になりますね。自家製はおいしいですよ。業者の豆腐はあの手この手で成分を絞り出して作りますが、自家製ならざっくりとおいしいところだけ使って作ることになるので。動画のようなうんと硬い豆腐もいいですが、固まったところをすくって食べる「汲み上げ」や、ザルでかるく水を切っただけの「ザル豆腐」も旨いですね。おからもに旨味がたっぷり残っていて美味しいです。

      Reply

昔の少年。 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です