入れ墨の方お断り?

銭湯や公衆浴場でおなじみの表示だが、海外の観光客がとまどうことのひとつだそうだ。タトゥーは個人の自由だし、犯罪者扱いされるようなことではないはずだということらしい。言うまでもなく日本では暴力団員の象徴で、かつては島送りの前科者の証でもあった。

一方で、日本の刺青は世界最高峰の高い芸術性があり、江戸時代の火消しは競ってシャツのような刺青を入れて、火事場で諸肌脱ぎで大見得を切っていた。島帰りの入れ墨だって、人に見られないように隠すもので、風呂屋でひけらかして大暴れするものじゃなかっただろう。自分では決してやらないが、もともとは風呂屋にも入れないほどのことではなかったような気がする。

見て分かる通り、この動画の登場人物は腕に入れ墨をしている。ひげとも相まって不潔感さえ感じられ、日本の料理番組ではありえない起用だ。だが、配信サイトでは他にもタトゥーの持ち主が動画をアップしていて、特に大工や鍛冶屋などが多く、いたって真面目な仕事ぶりを紹介している。それも多くが腕にタトゥーを入れてるところから、自慢の商売道具である腕を飾り立てているのではないかと気がついた。海外の職人さんが来日して、誇りであるタトゥーのせいで、ヤクザあつかいされれば、確かに寂しい思いをするだろう

もともと世界屈指の派手な入れ墨文化のあった日本が、公共の場から締め出したかったのは、入れ墨ではなく暴力団や暴力行為のはずだ。それを入れ墨に罪を着せてしまったところに、海外とのちょっとした行き違いが生まれたのだろう。国際化時代ならではの問題だ。いっそ解禁してしまって、欧米のごつい職人さんたちが出入りするようになれば、唐獅子のお兄いさんも無茶はしなくなるような気もする。

5 thoughts on “入れ墨の方お断り?

  • 2月 2, 2019 at 12:56
    Permalink

    アリアナグランデは「私は焼肉も大好きよ!」とジョークでかわしていましたね。日本語の文字も外国ではタトゥーやTシャツなど結構ファッションに使われていますね。

    Reply
  • 2月 2, 2019 at 06:26
    Permalink

    先住民族会議か何かで来道の女性の方が石狩のスーパー銭湯で入場を断られた事がありました。確かアイヌの方のように口に入れ墨があったようです。一方、小樽では外国船の船員が銭湯入場を断られてトラブルなどありましたね。考えてみれば日ハムにだって外人選手はタトゥーだらけの腕や首を見せていますね。野球に限らず、外国のスポーツ選手には特に多いですね。日本に居る外国人ではスポーツ選手が目立っていますが、外国では誰でもタトゥーをしているのでしょう。ファッションの一環なのでしょうか。

    Reply
    • 2月 2, 2019 at 07:50
      Permalink

      アメリカの歌手のアリアナ・グランデが新曲「7つの指輪(Seven rings)」の発表を記念して、「七輪」と入れ墨を彫ってしまったそうですね。焼き肉の歌として。大人気になるんじゃないでしょうか。

      Reply
  • 2月 2, 2019 at 06:12
    Permalink

    昔は先頭にも唐獅子牡丹は居ましたよ。子供は素直に「お父さん!あのおじちゃんの背中に絵がかいてあるよ?」と。父親は戸惑うが、言われた本人は子供に対して聞かない振りで流していたものです。お役人の遠山の金さんだって桜吹雪ですから歴史は古いのでしょうね。入れ墨そのものよりも人相も悪ければ近寄りがたいですね。あの人たちは一体?どこで風呂に入っているのでしょうか?かわいそうな気もします。

    Reply
  • 2月 2, 2019 at 06:12
    Permalink

    昔は先頭にも唐獅子牡丹は居ましたよ。子供は素直に「お父さん!あのおじちゃんの背中に絵がかいてあるよ?」と。父親は戸惑うが、言われた本人は子供に対して聞かない振りで流していたものです。お役人の遠山の金さんだって桜吹雪ですから歴史は古いのでしょうね。入れ墨そのものよりも人相も悪ければ近寄りがたいですね。あの人たちは一体?どこで風呂に入っているのでしょうか?かわいそうな気もします。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です