スポーツ番組のテーマ曲

あの曲はなんという題名だろう?昔、いろいろなスポーツ番組で必ずかかっていた、とあるオープニングテーマが頭に浮かんだので、題名を検索してみた。近年はこういう他愛もない疑問も、検索すればすぐにわかる。スッキリして、ちょっと得した気分になれる。それはさておき、

スポーツショー行進曲
1949年、古関裕而作曲。NHKのスポーツ番組用のオープニング曲として作曲された。2010年ころまでは高校野球のオープニングにも使われていた。そう言えば今は無音で始まるなあ。冒頭で頭に浮かんだ、というのはこの曲である。当然ながら局によって違うので、他局も探してみた。

スポーツ行進曲
1953年、黛敏郎作曲。日本テレビ開局にあたってスポーツ番組オープニング用として作曲されたとのこと。ナイター、プロレス、ミユキ野球教室、ニュース内スポーツコーナーなどで流されていた。

コバルトの空
1951年、服部逸郎作曲。TBSのスポーツ番組用として作曲された。プロ野球のほか、ボクシング、プロレス、キックボクシング、ラグビーなどで使われてきた。

ライツアウト・マーチ
1905年、アメリカのE.E.ライツが米海軍のために作曲。フジテレビのスポーツ番組オープニング曲として、プロ野球、競馬、バレーボール中継などで使われた。オリジナルは「消灯の歌」という意味らしいが、これで眠れるのかな。

朝日に栄光あれ
1982年(?)、神津善行作曲。ナイターやプロレス中継で使用された。

すべてよく知ってる曲ばかりで、実に懐かしい。どの局のどの番組だったかはごっちゃになってるが。なんとなく全部アメリカの行進曲だろうと思っていたので、殆どが日本人の作曲というのも初めて知った。どれもが名勝負、名シーンに直結しているのからだろう。通して聞けば、すっかり血湧き肉躍る気分である。

One thought on “スポーツ番組のテーマ曲

  • 5月 10, 2019 at 11:15
    Permalink

    吹奏楽での経験ではマーチは殆どアメリカ製でした。軍艦マーチ以外はです。敬老の日に演奏会場になった学校のステージで最後に軍艦マーチをやったらご老人たちから拍手喝采でした。今ではヒンシュクものですかね。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です