李子柒/季節の果物と野菜/蜀刺繍/筍づくし

李子柒の更新はこれまで2週間に1度程度だったが、このところ1週間に3回のハイペースである。 ハイペース更新の最初は、季節の野菜と果物。いつもの雰囲気だが、オリジナルブランド品の紹介があった。とはいえ、あくまでさりげなくだが。
2番目の動画は四川省特産の中国刺繍。以前に養蚕の動画を紹介したが、動画の舞台となっている綿陽市は、蜀の時代から続く刺繍の名産地だそうだ。日本では記録もろくになかった時代に、関羽や諸葛亮が闊歩し、そのすぐそばでこんな風に刺繍を作っていたのだと思うと、中国の生活文化の奥深さを感じる。
3番目は麻竹の筍づくし。ラーメンのシナチクの原料にするもので、日本で一般的な孟宗竹の筍とは違う。こんなに育って食べられるのかと思うようなのを収穫し、食べごろのように見える小さな筍は残していった。同じようでいて、日本とはいろいろ違うようだ。

youtubeにはいくつか李子柒のパクリ動画ががあって、中にはお婆さんをおじいさんに変えただけで、全く同じコンセプトのものまであるが、昨年くらいのスタートにも関わらず、ハイペースで更新を続け、本家と同じくらいの数があがっている。しかも視聴数も数百万に達するものもあり、本家に迫る勢いである。 youtubeの同ジャンルのおすすめ機能のせいで、後追いがしやすいのだろう。本家のハイペース更新も、それらへの対抗かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です