李子柒 / トウモロコシ

今回の李子柒はトウモロコシ。 玉”蜀”黍と書くくらいだから、動画の舞台の四川省と関係があるのかもしれない。我々道民はトウキビと言ってるが、それは高品質な北海道産だけに許された名称なので、これはトウモロコシというべきだろう。生食用ではないらしく、皮が枯れてから収穫し、さらに天日で干す。こちらでは見渡す限りのトウキビ畑も珍しくはないが、こんなふうに吊るして干す光景を見たことがなかった。なぜだろう。
今回の動画ではトウモロコシは粉に挽いてから調理していた。そういえば日本にはトウモロコシ粉のメニューが少ないような気がする。すぐに思い出せるのはコーンフレークくらいだろうか、それもアメリカ出身だが。
収穫後の茎も残らず刈り取って立て掛けて干す。小さな畑とはいえ、重労働だが、食べられない部分も家畜に与えたり再利用するシーンをちゃんと出すのがこの動画の醍醐味だと思う。
ところで冒頭の種まきシーンで、天秤棒に桶を下げてきたときは、一瞬下肥かと思った。洒落ていながらけっこう生々しい内容も出すシリーズなので、スタイリッシュに下肥をまくのではと身構えてしまったが、水でよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です