Lover come back to me

シグマンド・ロンバーグ(1887 – 1951)作曲の、日本でも人気の名曲。邦題は「恋人よ我に帰れ」(我に返れ、ではないのでご注意)で、以前紹介した「朝日のようにさわやかに」と同じ作者である。
こんな有名な曲をまだ紹介していなかったなんて!パブリック・ドメインは、著作権の理屈も複雑で、正直どこで探したらいいのかよくわかっていないので、こんな風にうんと古くてうんと有名な曲にで食わすと本当に嬉しい。さっそく動画を探すと、北村英治さんの演奏があった。(失礼ながら)まだご存命かななどと思いながら日付を見ると、なんと2017年。88歳のステージである。

クラリネットは一度だけ吹いてみたことがあるが、なめらかな音色に似合わず、実に息の苦しい楽器だ。楽器は1日練習を休めば取り戻すのに3日かかると言われる。まして高齢者なら、1日の遅れを一生取り戻せないかもしれない。それをワンステージこなすのだから、おそらく今でも毎日練習を続けているのだろう。そう思ってみると、広い肩幅と胸の厚さは、到底88歳とは思えない。
ちなみに演奏中に管の中に布を通して水を拭き取っている。サックスでも欠かせない手入れ法だが、演奏者以外の人には珍しい光景かもしれない。

作品一覧へはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です