ハロウィンとコスプレ

10月31日はハロウィン。地元でもパレードがあるというので、さっそく参加してみた。コスプレテーマはずばり「通行者」。我ながら一分のスキもない通行者ぶりだったと思う。

ハロウィンパレード直前の様子。おまわりさんのコスプレが本物そっくりだった

私の知る限り、コスプレの最初はスターウォーズ・シリーズ第一作の公開時だったと思う。封切りがアメリカよりかなり遅れたたため、現地での盛り上がりぶりが先に伝わってきた。とりわけ登場人物に扮して映画館に行くファンの姿が印象的で、待ちきれずにハワイへ見に行く人が続出した。我々もハワイは無理だったので、16ミリのダイジェスト版フィルムを取り寄せて、封切り前のプライベート上映会を行った。で、待望の日本公開日には、各地で登場人物に扮するファンが詰めかけた。

ハロウィンというのは、アメリカのカートゥーンなどではよく観たが、いまいち由来のわからない行事だった。それもそのはずでキリスト教と無関係の、ケルトの風習らしい。関係があるならドルイド教とかだろうが、そんなのはドラクエでしか知らない。
その後ハロウィンは広告のテーマとして登場し始めたが、日本では定着しないだろうと思っていた。現在のようになったのは「ナイトメア・ビフォアクリスマス」がディズニーに買収されて、キャラクター化されてからのことだと思う。が、この作品はスターウォーズとは逆に、封切り時は全く注目されておらず、二流館の小さなスクリーンで、ほとんど観客のいない中で観た覚えがある。
個人的に名作認定した作品があまりにかわいそうなので、子供にはつとめてビデオを観せていた。当人は大人になってから、「あれはトラウマになった」と言ってたので、父としての役目は果たせたと思っている。
なにはともあれ、ハッピー・ハロウィン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です