クラリネット+サックス+フルート

以前紹介した、トランペットのマウスピースをアルトサックスに差し込んだ、ハイブリッド楽器の第2弾。クラリネットのマウスピースとアルトサックスのネック、それにフルートの本体の組み合わせだ。さっそく聞いてみる。

あちこちビニールテープで巻いて、一段とインチキ臭くなったが、音は前よりすっと安定していて、音色はフルートだと思う。アルトのネックをとりつけた理由がわからない。ここにはオクターブキーがあるが、操作できないはずだ。持つ角度が悪かったのか。

前回は金管楽器と木管楽器の組み合わせだが、今回は木管だけだから相性が良かった?ちなみにトランペット、トロンボーン、ホルン、チューバなどは金管楽器。どれも金属製で、同じようなマウスピースだ。でもクラリネットやオーボエはともかく、サックスもフルートも木管楽器。フルートはもともと木のものがあるそうだが、サックスは誕生したときから真鍮製。そのへんの違いはどうなってるんだろう?

3 thoughts on “クラリネット+サックス+フルート

  • 11月 1, 2019 at 18:29
    Permalink

    野菜をくり抜いて笛を作る人がいましたが、手近なものを応用するのもいいですね。思い出しました。高校生の時に、こうもり傘の柄の金属パイプ部分をカットして手製の銃を作って実験したことがありました。実験結果は全員留守の寮の部屋で隣室の押し入れまで弾が突き抜けました。ここまで来ると、もはや犯罪ですよね。

    Reply
    • 11月 1, 2019 at 19:32
      Permalink

      いろいろやらかしてますね。私もつられて、ここには書けないことを書いてしまうところでした。

      Reply
  • 11月 1, 2019 at 18:21
    Permalink

    また新手のが出ましたね。吹きにくいし、操作しにくいと思いますが、とにかく面白い発想ですね。次は何が飛び出すか?楽しみになってきました。YOUTUBEの人気度をUPするには、こんな発想がウケる訳ですね。これからYOUTUBEをやりたいと思っていた矢先にいいヒントをいただきました。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です