来年もよろしくおねがいします

今日は大晦日。今年1年を象徴する出来事は、やはり令和への改元だろう。1年の計は元旦にというから、1世代の計は元年に…かな。平成の改元が1月8日からだったので、元年が357日もあったが、令和元年は5月1日から224日。かなり短いが、最近はどちらにせよ1年が短いので、今年だけ特に短かったという気はしない。1年の日数が減ったわけではないので、当たり前だが。

平成元年の出来事と比べて見ると、あの年は、なんと言っても消費税の導入があった。そして令和元年は、10%に増税。おやおや、元年には税負担増がつきものなのか?そう思って消費税の歴史をたどると、

平成元年(1989年) 3%の消費税導入
平成9年(1997年-8年後) 5%に増税 
平成26年(2014年-17年後) 8%に増税 
令和元年(2019年-5年後) 10%に増税

8年後、17年はともかく、今回の5年後というのはいかにも早い。なんだかすごく急いだ感があって、この調子だと3、4年後にもやるんじゃないかと心配になる。今回から始まった軽減税率も、食料品の据え置きは良いことのようだが、食品小売店は家賃から光熱費から、仕入れ以外はすべて増税だが、消費者への転嫁は据え置きだ。国の財源で軽減してるのではなく、お店の負担で軽減されてるようでちょっと腑に落ちない。

国の財源と言えば、キャッシュレス利用者へのポイント還元も何だかなあと思う。その分は国が負担するようだし、キャッシュレスに対応するレジ買い替えやソフトウェア修正作業には、補助金も出たようだ。が、出るのは大手IT企業の製品やサービスだけで、地元のソフト会社への委託には何も出なかったそうだ。その還元も所詮は6月まで。その後はどうなるんだろう。軽減税率は小売店の負担が大きかったから、是正して一律10%、とか言うんじゃないだろうか。

ともあれ来年こそは良い年であれと願わざるを得ない。

One thought on “来年もよろしくおねがいします

  • 12月 31, 2019 at 08:30
    Permalink

    素晴らしいブログをありがとうございました。来年も楽しみにしています。どうぞ良いお年をお迎えください。

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です