永遠のインターネット

インターネットに一度公開された情報は、消えることがない。公的なサイトや大企業だけでなく、個人のブログも、すべてどこかに保存され、公開されている。そんな「アーカイブサイト」の一つがこれ。

https://web.archive.org/

使い方は上部の枠にURL入れると、そのサイトの更新カレンダーが出るので、日付をクリックすると、その日のすべての更新バージョン名が表示される。そこから見たいバージョンを選ぶ。
一例として、2000年3月10日5時47分に更新された、「yahoo! japan」のサイトが次の通り。
https://web.archive.org/web/20000301054711/http://www119.yahoo.co.jp/

当時のなつかしい画面が、ほぼそのままで表示される、場所によってはリンク先のページも保存されている。

このサイトではなんと、私自身が2001年から運営していたサイトも残っていた。画像は削除されていることが多いが、文章は当時のまま。自分のサーバーではとうに削除されたものだ。ここで紹介したいのだが、当時の風潮として個人情報や著作権にあまり注意を払っておらず、リンク先として紹介するだけでもはばかられるのでご容赦を。

さらに、本サイトもすでに保存されていた。
https://web.archive.org/web/20161031112218/http://oldbadboy.com/

Twitterやfacebookや、業者のブログサービスがどうなってるかはわからないが、少なくとも独自ドメインのサイトについては、文章だけは網羅されているようである。膨大な情報量だが、サーバーの容量もそれに輪をかけて大きくなっているので、自動的に収集する仕組みがある以上、今後とも収集・保存が続けられるのだろう。
そうなるとうかつなことは書けないが、一庶民であっても、本気で思ったこと、一生かかって知ったことなどは、ネットに上がれば永遠に消えることがない。遠い未来に、誰かがその一文に目を通すことも、大いに有り得るのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: