2020モーターショー

生まれて初めてモーターショーに行ってきた。車に興味が薄いので、モーターショーと言ってもきれいなコンパニオンがいっぱい、という軽薄な知識しかなかったが、 経費削減なのか 、実際の会場ではそれほど見かけなかった。事情通の方が一緒だったので混雑しない平日を狙って行ったのだが、休日はかなり混むそうである。今年は特に高校生を入場無料にしたらしい。昔そんなことをしたら、車目当てやコンパニオン目当てが押しかけて大変な事になっただろうが、最近は若者の車離れの心配のほうが大きいようだ。

車はわからなくてもコンセプトカーを見るのは好きで、シド・ミードの画集を持ってたりするのだが、それほど台数はなかった。突拍子もない形のはなく、今すぐ発売されても不思議がないようなものばかりだった。何十年も昔から、未来の車としてとんでもない形のものが公開されてきた。だが、今はその「未来」になったと思うのだが、いっこうにそういうのが走ってるのを見かけない。素人ながら残念に思う。

新型車の最新情報などはよくわからなかったが、ハイブリッド車による災害時の給電をアピールするところが多いのには気がついた。前回の開催は2018年の1月で、その後胆振東部地震、千葉の台風15号、大阪の21号と、災害による大規模停電が続いた後の、初めてのモーターショーである。あのときのことを思えば、どうせ買うなら、給電できるハイブリッドをと考える人は少なくないと思う。メーカーでも被災地に多数のハイブリッド・モデルを送り込んでいたらしい。そういう社会貢献+イメージアップのチャンスを見逃さないのは、いろいろな意味で頼もしい。

最近の大規模停電の頻発が、経費削減や人員不足などの構造的なものだったら困るが、ハイブリッド車が増えれば、地域社会の自衛力はその分だけ高まる。経済も回っていくだろう。そう思って、ちょっと明るい気分になれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: