李子柒 / えんどう豆

今回の李子柒はえんどう豆。

まず種を播いて出てきた芽を、昔ながらの「豆苗」として食べる。現在スーパーで売られているモヤシ状のものではなく、普通に畑で育ったもので、昔はけっこう高級食材だった。続いてきぬさやとグリーンピース。そして黄色く成熟したえんどう豆は、発芽させて日本でもおなじみのモヤシ状の「豆苗」にした。

そこからがちょっと変わっていて、戻した豆を豆乳状に粉砕して布で濾し、布に残ったものを煮詰めて羊羹状の物を作った。大豆なら豆乳に当たる水は、そのままデンプンを沈殿させてわらび餅状のものを作った。
動画を見て、自分が、黄色く成熟したえんどう豆をあまり見たことがないのに気がついた。食べた記憶もない。ネット上のえんどう豆のレシピも、グリーンピースばかりだ。なぜだろう。それとも、誰でも知ってる「アレ」を忘れてるだけだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です